プロバイダーさんのサービス終了にともない…

これまで使っていたプロバイダーさんより、ホームページ作成サービスの終了のお知らせが届いたのは昨年秋。
満を持して(必要に迫られて)、今秋のサービス停止前に、上総掘り技術伝承研究会の公式ホームページがようやく引っ越しを完了しました!

リダイレクト機能、ばんざーい♡

旧ページから新ページへ、自動的に飛んでもらう「リダイレクト機能」を操作する必要がありながら、システムがよくわからずプロバイダーさんに電話相談している間に、お気に入りに入れておいた旧ページにアクセスするだけで勝手に新ページが表示されるようになりました。
ちなみにYahoo!やGoogleの検索でも、旧ページと同じ順位で表示されます。
便利な時代になったものです!!!

何せアナログな伝統文化を守る団体なので…

まだまだ工事中の部分もあるのですが、とりあえず世界中の皆さま、今後とも上総掘りをよろしくお願いします!!!

関連する記事

週刊ちばにっぽう 2016/01/16-22

1月16~22日の千葉日報ウェブ掲載記事の中から、反響のあった記事、おすすめの記事などをご紹介します。


   千葉日報チャンネル

上総掘り★その前に、竹ヒゴ継ぎ10本…!

次回の活動予定日は2月28日(日)、挽回作業用の竹ヒゴ継ぎを行います。通常の掘削体験はできませんのでご了承下…


   上総掘りチャンネル

関連するキーワード

上総掘りチャンネル

袖ケ浦市郷土博物館に拠点を置き、国指定の重要無形民俗文化財に指定された「上総掘りの技術」の技術保持団体である「上総掘り技術伝承研究会」と、技術保持者である3代目・井戸掘り職人の鶴岡正幸がお送りする、上総掘りのお知らせチャンネルです。
千葉県の上総地方で誕生した伝統的な手掘りの深井戸掘り工法「上総掘り(かずさぼり)」。少人数の人力だけで、重機や電力を使わずに数百mの深さまで井戸を掘ることができるこの技術で、かつて新潟の油田や別府温泉なども掘られました。
現在では水不足に苦しむアジアやアフリカ諸国で、上総掘りの技術を活用した支援や国際交流を行う事例が増えています。
当会でも年に2回、JICAつくばセンターから海外の土木・治水系省庁の職員らを対象に、上総掘りの掘削体験と見学ツアーを受け入れています。
現在、モーレツにメンバー大募集中!
見学やお問い合わせはetofumiya●r8.dion.ne.jpまで。
※●は@(アットマーク)

ランキング

人気のある記事ランキング