千葉ロッテマリーンズは交流戦までのリーグ戦ホームゲーム23試合を終えての観客動員数と昨年比を発表した。2018年 47万1,413名 1試合平均2万496名。2017年同試合比 43万5,427名 1試合平均1万8931名。合計前年比 +3万5986名 108%。1試合平均前年比 +1,565名。

 山室晋也球団社長はこの結果について「新生井口マリーンズへの期待の高さから観客動員は好調に推移していると思います。本当にありがたいことです」とコメント。さらに前売りチケットの売り上げも好調で「前売りチケット状況もこれから夏にかけてMAKUHARI SUMMER STADIUMなどの様々なイベントを展開することもあり、非常に好調に売れております。平日でも「習志野市」のロゴを右袖に掲出して行う6月14日のALL forCHIBAデーは当日、特別企画として習志野市立習志野高校吹奏楽部が来場し試合を盛り上げていただくこともあり前売り好調となっています。交流戦では最高勝率を目指して12球団の中でも最高の盛り上げを行う事が出来ればと思っています」とホクホク顔だった。

かつてないほどの盛り上がりを見せるZOZOマリンスタジアム

かつてないほどの盛り上がりを見せるZOZOマリンスタジアム

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018夏季(6〜8月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!