顔つきがチンに似ているチンアナゴ

 鴨川市の鴨川シーワールドは、来年の干支(えと)である「戌(いぬ)」にちなんだ魚を紹介する特別展示「海の戌たち」を開催している。イヌザメ3匹とチンアナゴ27匹をそろえた。1月8日まで観賞できる。

 同館が年末年始にかけて行う恒例イベント。今回はトロピカルアイランドに特設会場を設けている。

餌を探す姿がイヌを連想させるイヌザメ

 イヌザメはサンゴ礁に生息する体長約1メートルのサメの仲間。餌を探す姿がイヌを連想させることから、名前が付いたとされる。

 チンアナゴはサンゴ礁の砂底に生息する体長約40センチのアナゴの仲間。命名の由来となったのは、顔つきがイヌのチンに似ているからという。

 同館は「名前が付いた由来を楽しみつつ、新年への新たな気持ちを持って観察してもらえたら」と呼び掛けている。

関連するキーワード

千葉日報チャンネル

おなじみ地元新聞「千葉日報」のチャンネルです。ちばとぴ!向けにピックアップした記事をご紹介します。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017ー18冬季(12〜2月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!