豪華キャストが勢ぞろい!

”涙なしには読めない””最後の1ページまで切ない”と絶賛された小説を映画化した『きらきら眼鏡』。本日9月7日(金)公開初日を迎え、映画の舞台となった船橋のTOHOシネマズららぽーとに、主演の池脇千鶴さんや安藤政信さんら豪華キャストが集結!それぞれ撮影秘話や作品への想いを語りました。

舞台挨拶では、実力派女優の池脇千鶴さんや、期待の新人俳優・金井浩人さんをはじめ、安藤政信さん、杉野遥亮さん、古畑星夏さんらが登壇しました。

今回、主演を演じた池脇千鶴さんは、公開初日を迎え、「映画をこんなにたくさんの方に観てもらえて嬉しいです。」と笑顔。観客席からあたたかい拍手を受けて「もう胸がいっぱいです。ありがとうございます。」と安堵の表情を浮かべました。

映画のキーともなる”きらきら眼鏡”。心にかけると日々のどんなことでも輝いてうつるその眼鏡について、古畑星夏さんは「ポジティブな人に影響を受けやすいので、わたしも”きらきら眼鏡”を与えられる人になりたい」と語りました。

左から、犬童一利監督、杉野遥亮さん、古畑星夏さん、金井浩人さん、池脇千鶴さん、安藤政信さん、片山萌美さん、原作者・森沢明夫さん

千葉県出身の杉野遥亮がみせた”ジモティー愛”

多くのロケが船橋で行われたこの映画。
ツイッターのフォロワー数が25万人を超えるほど、女子中高生から人気を博している千葉県出身の杉野遥亮さん。思い出いっぱいの地で本作を撮影したと振り返り「(本作は)船橋が舞台の映画ということで、魅力をたくさん伝えてくれてるな、と感謝の気持ちがありますね。」と笑顔で”千葉愛”を語りました。

”千葉愛”を語る杉野遥亮さん

最後に、主演の金井浩人さんは、「この作品は誰かを想う大事さなど人生の素敵な部分をきりとった映画。これを観た人が”きらきら眼鏡をかけてみようかな”、”明日からがんばってみようかな”と些細なことでも感じてくれたら嬉しいです。」と語り、舞台挨拶は大盛況で幕が閉じました。

映画を鑑賞した観客からは「静かでゆったりとした大人の映画。観終わったあと日々の過ごし方について考えさせられました。」「感動して涙が溢れ出しました。」「知っている場所がでてきてテンションが上がりました!」といった声が。

映画『きらきら眼鏡』は本日より全国37館で順次公開。
TOHOシネマズららぽーと船橋での上映はもちろん、有楽町スバル座やシネマート新宿など都内の映画館でも公開されるようです。ぜひ劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

「時間って命と同じだから、もたもたしてたら時間切れになっちゃうよ」。恋人の死を乗り越えられずにいた明海は、一冊の古本がきっかけで出会ったあかねから、そう教えられる。いつも前向きで笑顔のあかねは、見たものぜんぶを輝かせる“きらきら眼鏡”をかけているという。だが、彼女もまた余命宣告された恋人の裕二と向き合うつらい現実を抱えていた。過去から立ち直れず、もがきながら生きてきた明海にとって、毎日を輝かせようとするあかねに、次第に惹かれていく―。

関連する記事

“手賀沼のうなきちさん”デザインペーパー 新登場!

“手賀沼のうなきちさん”デザインペーパー 新登場!  我孫子市マスコットキャラクター「手賀沼のうなきちさん」…


   あびこの魅力チャンネル

1位はあのキャラクターが大遅刻! ディズニーブログ2015年ベスト3は?

2015年中に配信したディズニー公式ブログで、「いいね」数のトップ3が発表されました!


   ちばとぴ!ディズニー部チャンネル

FUNABASHI Styleチャンネル

レジャー、グルメ、イベント、特産品など、”船橋”のいろんな魅力を発信しています。
船橋の情報をすべて凝縮したサイト「FUNABASHI Stlye」もどうぞ!

ランキング

人気のある記事ランキング