千葉ロッテマリーンズ広報による定例の記者会見にて毎年恒例となっている交流戦挑発ポスターに関して「今年はどうなるか分からない」と廃止を示唆する発言を行ったことが話題を呼んでいる。

 2017年の交流戦は6勝12敗の11位だったこともあり、千葉ロッテマリーンズ名物の交流戦挑発ポスターを今シーズンは行わないことを球団関係者が明かしたもの。挑発ポスターは05年から行われ、いったん09年から11年までは打ち切りとなっていたが12年に再開。それ以降は話題が再燃し毎年、交流戦の風物詩という扱いで注目され続けていた。

 昨年は4コマ漫画、一昨年はCGロボットアニメ風、その前はプロレスでセ・リーグチーム相手にプロレスの技にかけてと毎年、趣向を凝らしていたこともありファンの間で注目されている。一度、打ち切りとなった09年も08年に交流戦10位に沈んだタイミングだった。

 千葉ロッテマリーンズ広報は「昨年、交流戦に不振だったこともありますし、マンネリ化している部分も正直、あるかなあと思っており、現在、どうしようか社内で検討中です。名物ではありますが、あえて一度、止めて数年後に満を持して登場させるのも話題性という意味では良いかもしれません。ネタというか新しい企画の部分もこれまでいろいろと展開をしたので絞り出すのがなかなか苦しいです。もう来週の事ですので早期に結論を出さないといけないと思っていますが、現状ではなんらかのポスターは作りますが、挑発ポスターという形ではない方向で調整しています」と語り、後ろ向きな方針を明かした。

2017年、四コマ漫画風のポスターで挑発をしたロッテ

2017年、四コマ漫画風のポスターで挑発をしたロッテ

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング