NPO法人Code for Chibaは、ちば保育園マップを更新。千葉市が管理する最新のデータを反映して、10月6日(金)より公開しました。今後は、毎月更新される千葉市のデータを共有し、最新の空き状況などを公開していきます。

2016年10月にサービスを開始した「ちば保育園マップ」は、保育園を探す地域の皆さんの間に口コミで広まり、30代女性を中心に広く利用されています。利用者が増えるにしたがって、最新の空き状況を知りたい、もっと詳しい保育や施設の情報を知りたいなど、多くの要望が寄せられるようになりました。そうしたリクエストに応え、保育園探しに役立つよう、千葉市や利用者の皆さんといっしょに考え、保育園の募集状況、定員、保育年齢など千葉市が毎月更新する最新の情報を表示する「ちば保育園マップ」を公開しました。今後は、千葉市が毎月更新するデータを共有し、継続的に最新の地図に更新していきます。

NPO法人Code for Chibaについて

Code for Chibaは、テクノロジーで地域を向上させることを目指して、WEB業界などの有志が集まり設立されたNPO法人で、千葉市を中心に活動しています。
2015年7月に千葉市内のお祭りを告知するWEBサービス「お祭りデータセンター」を公開するなど、地域の皆さんに親しまれ、暮らしに役立つWEBサービスの開発や地域の課題解決に向けた提案を行っています。

関連する記事

週刊ちばにっぽう 2016/03/26-04/01

3月26~4月1日の千葉日報オンライン掲載記事の中から、反響のあった記事、おすすめの記事などをご紹介します。


   千葉日報チャンネル

週刊ちばにっぽう 2016/03/19-03/25

3月19~25日の千葉日報オンライン掲載記事の中から、反響のあった記事、おすすめの記事などをご紹介します。


   千葉日報チャンネル

週刊ちばにっぽう 2016/09/24-09/30

9月24日〜30日の千葉日報オンライン掲載記事の中から、反響のあった記事、おすすめの記事などをご紹介します。


   千葉日報チャンネル

関連するキーワード

CfCチャンネル

NPO法人Code for Chibaは、千葉市が進めるビッグデータ・オープンデータ活用の推進やICTの活用を支援するなど、テクノロジーを活用して千葉市をよりよい街にしていこうと活動しています。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017ー18冬季(12〜2月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!