「オートパーラーシオヤ」の店内=9日、成田市猿山

成田市猿山のオートレストラン「オートパーラーシオヤ」(シオヤ)が、「懐かしい」とネットを中心に話題となっています。

飲み物はもちろん、手作りハンバーガーやうどんなどの食べ物系自動販売機がずらり。今時の若者たちには物珍しい一方で、深夜でも温かい食事で空腹を満たせるオートレストランを利用した“昭和世代”の人も多いのではないでしょうか。

ちばとぴ!編集部員が訪ねてみると、その人気の秘密が分かりました!

「オートパーラーシオヤ」の外観

シオヤは、成田市のJR滑河駅から南へ約1.5キロメートルの県道79号線沿いにある黄色い建物。

24時間営業で、現在稼動している自販機は、食品と飲み物を合わせて全12台。店内には古びたテーブルとパイプイスが設置され、10人ほど座って食事をすることができます。

注目は手作りメニューの2台

「オートパーラーシオヤ」のハンバーガーの自販機(写真左)とうどん・そばの自販機

注目の自販機は、ハンバーガー・チーズバーガーと、天ぷらそば・うどんの2台。

中のメニューが手作りだと聞き、ちばとぴ!編集部員も買ってみました。

まずはハンバーガー・チーズバーガー

「オートパーラーシオヤ」のハンバーガーの自販機

ハンバーガー・チーズバーガーの自販機に260円を入れて、チーズバーガーのボタンを押すと、自販機の取り出し口上部の「加熱中」ランプが点灯。

ホットに温められている感じがします。

「オートパーラーシオヤ」のハンバーガーの自販機

60秒で取り出し口にコロンと、チーズバーガーの入った箱が落ちました。

「オートパーラーシオヤ」のチーズバーガー

紙に包まれた熱々のチーズバーガー。

チーズがとろとろです。

続いて、そば・うどん

「オートパーラーシオヤ」のそば・うどんの自販機

300円を入れて天ぷらそばのボタンを押すと、調理中のランプがつき、出来上がるまでのカウントダウンが始まりました。

この間25秒。

ただしこのタイマーに不具合が生じていたため、なぜか29秒から始まり、4秒で終わりました。

中では、お湯が注がれ、カップを回転させてかくはんし、麺をほぐしてつゆを混ぜているそうです。

「オートパーラーシオヤ」のそば・うどんの自販機x

取り出し口の扉を開くと、カップの姿が現れました。取り出すと、つゆの香りが漂います。

「オートパーラーシオヤ」の天ぷらそば

関連する記事

東京ディズニーシーに初のベイクドポテト店 4月15日オープン! ハドソンリバー・ハー…

4月15日、TDSのアメリカンウォーターフロントに、新しい飲食施設「ハドソンリバー・ハーベスト」がオープンし…


   ちばとぴ!ディズニー部チャンネル

【ダッフィー10年】人気コスチューム・ベスト3決まる 1位は…?

ダッフィー登場から10年。人気コスチュームの投票結果が出そろいました!


   ちばとぴ!ディズニー部チャンネル

関連するキーワード

ちばとぴ!編集部チャンネル

ちばとぴ!編集部の公式チャンネルです。千葉情報のまとめの他、編集部オリジナル記事、編集部からのお知らせなどを配信いたします!

当サイトの事務局的な動きもしております。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017ー18冬季(12〜2月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!