囲み取材でディープなQ&Aが…

―ジャガー星から千葉に来て、ここまで千葉に愛着を持たれている理由は?

「やっぱり千葉に住んでいるので、千葉のメディアっていうか、そういうお話が多いんですよね。それもありますね。千葉テレビさんとはもう30年以上の関係でして、特別の愛着もございます。番組も、最初に始めたのはこちらで、その後、テレビ神奈川、テレビ埼玉、そこら辺まで拡大したんですけど、発祥の地というのはこの千葉テレビさんでございます」

―千葉県のイメージで好きなところは? 食べものとか。

「千葉は海もあるし、山もあるし、海の幸、いろいろおいしいですよね、魚とか。山ですと鋸山とか(笑)、鹿野山とか。いいところですよ、はい」

―ちなみに海の幸はどんなものが好き?

「魚類は何でも食べます。最近はウマヅラハギを、JAGUARは自分で皮をむいて料理します。その出来たてがおいしいこと、おいしいこと。ウマヅラハギは安いし、一般の方は皮をむくのはまず無理かもしれないですね(笑)。JAGUARは手でむいてしまいます。それも千葉で獲れます」

―紅白歌合戦の出場依頼はJAGUARさんのところには来ていませんか?

「ありません(笑)。無縁でございます」

―出たいっていう思いは。

「ありません(笑)。千葉テレビの紅白歌合戦なら、出ます」

―レコ大やFNS歌謡祭は?

「あ~無縁だと思いますね。JAGUARは独自の世界でございまして、そういう一般的な世界とはまず無縁ですね」

―マツコ・デラックスさんと新宿二丁目に遊びに行ってみたいとか、そういうことはありますか?

「ありません(笑)。そういう趣味はありません。すごいとこなんでしょ? 話に聞くと。マツコさんとは会いたいですけどね」

―まだ会ったことないんですか?

「生中継で、画面同士でよく喋ることはあります。実際にお会いしてはいないです。そのうち実現するんじゃないかと期待しております」

―応援団長就任時に「ハロー!ジャガー」が復活したが、社長賞受賞を機にまた復活する予定は?

「やりたいんですけど、ちょっとスケジュール的に、今ニューアルバムを製作中で、もうそろそろ完成なんですけど、その後JAGUARの写真集、その編集が結構時間がかかるんですよ。千葉テレビの『ハロー!ジャガー』を作るというのは大変な作業でございまして、2週間くらいびっちり間を空けないと作れないので、ちょっと今ムリですね。でもぜひ、やりたいです、ええ。時間が取れるようになればぜひ、やりたいと思います」

―改めて今日の受賞の感想を。

「そうですね、Twitterとかブログとかネットでも、JAGUARが受賞しましたとすごい大騒ぎで、反響ものすごかったです。率直にJAGUARファンは「おめでとうございます」と喜んで下さっておりまして、今日は大変うれしいです。こういう賞をいただいたことは初めてでございます」

―さっき「千葉にお住まい」とおっしゃっていたが…。

「それは噂です(笑)」

―ご出身はどちらなんですか?

「ジャガー星でございます(笑)」

―普段はジャガー星にいらっしゃるんですか?

「(笑)。普段は千葉県の秘密の場所にいることは、たまにあります」

―何で千葉が好きなのか?

「(笑)。別に…やっぱり長年住んでますので(会場爆笑)。とにかく便利です。JAGUARの住んでるとこから東京駅まで電車で18分で行けます(会場爆笑)。18分で新幹線に乗れちゃいます! なおかつ東京に比べて空気がとてもきれいでございます。皆さま、千葉テレビの外に出ますと、深呼吸すると、空気がきれいです、東京と違いましてね」

―今、こうして改めて注目されることで、千葉県のPRを買って出ている部分もあると思うが、その辺り自負されているか。

「そうですよね。今、『千葉っつったらJAGUAR』とか、ありますよね? 千葉テレビ、イコールJAGUAR(笑)。いいと思います。うれしいです。昔はね、千葉のJAGUARって本当にローカル色っぽかったんですけど、今は全国的になっちゃったんで、千葉のJAGUARでいいと思います。まぁ千葉(に住んでる)のJAGUARじゃないですけどね(会場爆笑)。この間、何日か前に北海道へ行きまして、「北海道のJAGUAR」という曲を作ってしまいました(笑)。これは11月の7日に某テレビ局で流れます。「北海道のJAGUAR」でございます。ただ、あんまり地方の方に行きますとね、千葉の方がヤキモチをやきますので、JAGUARが北海道に盗られちゃったんじゃないかと、そういう話もありましたけど、そういうことはございません」

―社長賞の賞金は何に使いたいか?

「JAGUARは、お金は使いません。お金の使い方はわかりません。JAGUARは普段、何も持ちません。今日はジャガー号を、ある運転手の方が運転してきてくれましたので、お金もかからず、費用は無料でここまで来ました。で、帰りは送っていただけるようになっております」

―じゃせっかくのお金は寄付するとか?

「しません(笑)。一応、飾っときます。千葉テレビさんののし袋に入ったまま、おうちに帰ったら飾っときます」

相変わらず低姿勢な丁寧語と、穏やかな語り口で独自の世界を展開したJAGUARさん。

鋭い質問にも率直に答える姿がほほ笑ましく、会場は終始笑顔でいっぱいの式典となったのでした。

関連リンク

関連するキーワード

ちばとぴ!編集部チャンネル

ちばとぴ!編集部の公式チャンネルです。千葉情報のまとめの他、編集部オリジナル記事、編集部からのお知らせなどを配信いたします!

当サイトの事務局的な動きもしております。

ランキング

人気のある記事ランキング