今季同施設で働いたライフセーバー

 御宿町が運営する「御宿町営ウォーターパーク」(御宿町須賀)が8月31日、今季営業を終了した。

 1994年に完成した同施設。1周127メートルの「流れるプール」や「多目的プール」など3つのプールのほか、全長74メートルの「川下りスライダー」や「直線スライダー」など3つのスライダーを備える。

 今シーズンは来場者数増と、地域の子どもたちの憩いの場になることを目指し、学校の机を置き宿題などをプールでできるコーナーを設置したほか、提供する食事の種類を増やし、揚げ物やピラフなどの100円メニューを取り入れ、子どもが利用しやすいようさまざまな工夫を施した。台風が多かった今夏は、台風前後の営業をできるだけ行い、海に入れない観光客にプールで楽しんでもらうなどの取り組みも行った。

 同町産業観光課によると、7月14日~8月31日までの営業期間で、来場者数は2万1000人以上を記録した。営業最終日の31日には、約400人が来場した。昨年度の来場者数は1万7412人だった。

 同町産業観光課の山口智也さんは「今年は売店メニューの変更、新しいイベントの企画、地元の子どもたちに何回もきてもらえるような運営など多くの取り組みを行った。今年は、カウント史上最高の来場者数だと思う。多くの取り組みと地域の支援者の方々のおかげ。来年もまた1人でも多くの方々にきてもらい、楽しんでもらえれば」と話す。

関連するキーワード

おんじゅくチャンネル

御宿町の情報チャンネル

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018夏季(6〜8月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!