千葉ロッテマリーンズは、CPBL(中華職業棒球大聯盟)のLamigoモンキーズとの交流試合を2019年3月14日(木)・3月15日(金)にZOZOマリンスタジアムにて「Power Series 2019 in CHIBA」として行う事が決まった。

 2014年よりLamigoモンキーズと台湾・桃園市や石垣市にて交流試合を行い、千葉ロッテマリーンズのマスコットキャラクターを台湾・桃園市に派遣する等の交流をしていたが、来年は本拠地ZOZOマリンスタジアムでも試合を開催することになった。千葉ロッテマリーンズがZOZOマリンスタジアムで海外のチームと試合を行うのは球団初。

 Lamigoモンキーズはチーム名を「Lanew ベアーズ」から2011年に「Lamigoモンキーズ」に変更。千葉ロッテマリーンズは派遣コーチとして球団OBの荘勝雄氏を2011年から2013年に派遣するなど、交流が深い。2014年より台湾、石垣島で交流戦を12試合、行っており通算は7勝5敗となっており、来年2月にも石垣島で2試合行う。

 Lamigoモンキーズ劉玠廷 球団社⻑兼GMコメント「今回、千葉ロッテマリーンズの本拠地であるZOZOマリンスタジアムにて交流試合を開催できることを大変楽しみにしております。千葉の皆様にもラミゴのパワフルな野球や応援パフォーマンスをご覧いただきたいと思います。また、交流試合実現へご尽力いただきました千葉ロッテマリーンズの皆様に感謝申し上げます。」。千葉ロッテマリーンズ 

 山室晋也 球団社長コメント「Lamigoモンキーズとの交流試合をZOZOマリンスタジアムでも行えることを大変うれしく思っています。ファンの皆さんによる応援合戦やパフォーマーの技の魅せ合い、熱気溢れる雰囲気は両チームのシーズンスタートに勢いを与えてくれます。来年も多くの方々に交流試合を盛り上げて頂き、また球場だけではなく、地元千葉市の魅力に触れて頂けたら思っています。皆様のお越しを心よりお待ちしております」。

 井口資仁 監督コメント「2019年シーズンを前に、Lamigoモンキーズとの交流試合を行えることをうれしく思います。海外のチームとの対戦は日本のプロ野球チームとの対戦とは違う独特の雰囲気があります。地元千葉のファンの皆様にもぜひ応援にお越しいただき、楽しんでもらいたいと思いますので、是非ZOZOマリンスタジアムにお越しください」。

来年3月に行う交流試合のロゴ

来年3月に行う交流試合のロゴ

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング