千葉ロッテマリーンズは12月13日、広報体制の変更を発表した。17年間広報を務めていた榎康弘球団広報(45)がスカウトに転任する。

 榎氏は東海大甲府から90年ドラフト6位で入団。94年には、主に先発で7勝を挙げ、ライオンズ戦に強いことから「ライオンズキラー」と言われた。。98年にトレードで巨人移籍。00年にロッテ復帰も、その年限りで現役を引退。01年から広報を務めていた。今後は、スカウトとして千葉県などの関東と北海道を担当する。

 また代わって今年までスカウトでドラフト6位の永野将司投手(本田技研)を担当した高橋薫氏(41)が就任をし、球団広報は梶原紀章、手嶌智の3人体制を維持する。
 
 

スカウトに転任する榎康弘氏(真ん中)

スカウトに転任する榎康弘氏(真ん中)

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング