90年前の東金の町を知る

市街地の通りの姿を絵画のような地図で表現した松井天山による鳥瞰図は昭和の初めに描かれ、県内各地に残されている。この日、この鳥瞰図を見ながら東金の旧市街地をめぐり、往年の面影を探るイベントが開催された。

鳥瞰図は広告的に作成されたものなのか、紙面には所狭しと当時の商店の店名が書かれていて、まず参加者の中で地元に詳しい人が現在も営業している店をマーカーでチェックしていく。

90年前の東金の町には、いま以上に多くのお店がひしめいていたことを紙面でしっかり確認したのち、まち歩きに出発。
古い建築物を見ながら「ここは歯医者さんだったんだね」とかつての面影をたどって歩く。

同行した建築家の先生が当時の建物の特長や職人の技術について解説。

また、行った先々の商店で老舗ならではのエピソードをお話ししてもらう。鳥瞰図に載っているお茶屋さんでは抹茶を点ててもらったり、老舗お菓子屋さんやパン屋さんでおみやげをもらったり。創業300年を越す畳屋さんでは職人体験をして楽しんだ。

東金はかつて物流の要衝として栄え、明治には県下5本の指に入るほど賑やかな町だった。昭和2年に描かれた鳥瞰図にはその賑やかさが感じられ活気に溢れている。
車で通るだけの町並みも、商店をのぞいて尋ねて歩くと税務署跡や郵便局跡などかつての面影ある建物が今でも存在していることに気付く。

ここ数年、商店街の試みで東金の町並みを散策する企画をやるようになったが、ガイドするほうも、見られるほうもまだあまり慣れていない。果たして東金の町は見学するほど価値があるのか戸惑いながら案内しているところがある。
行った先々で店主の話を聞いても「残していきたい」という人と「壊して更地にしたほうがいい」という人と考え方もそれぞれ。

商店街の組合と一緒にこのイベントを企画したのは「まちの駅ネットワークとうがね」は、古き良き東金の面影を探し歩くこうしたイベントを何回か実施して、東金の隠れた魅力を発掘していきたいと考えている。

小雨もようで始まった天気も午後には回復して、参加者は伝統的な町並みを見学できたことに大満足だった。

関連する記事

千葉みなとの桜コレクション2017【街かど編】

千葉みなとエリアの街かどや街路樹で咲き誇る、キレイな桜を集めてみました♪


   ちばみなと.jpチャンネル

きょうの一枚♪【ちばとぴ!カメラ部】

ちばとぴ!カメラ部おすすめ写真をご紹介。 #chibatopi つけてSNSで千葉の写真を投稿しよう!


   ちばとぴ!カメラ部チャンネル

鴨川市「古代大賀蓮の里」フォトコンテスト開催

主催 〒296-0112 千葉県鴨川市宮山1696 鴨川市総合交流ターミナル 「みんなみの里」 TEL 04…


   カモ旅チャンネル

関連するキーワード

街波通信チャンネル

「いつまでも暮らしたいまちづくり」
街波通信社が山武・九十九里の話題をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング