【イダセイコチャンネルとは?】
千葉県は白子町出身のシンガーソングライター“イダセイコ”が、
なんとも主観的に?ほのぼの音楽との日々を綴ります。

令和のお祝いからの怒涛の連休、なだれ込むような5月。
みなさまいかがお過ごしでしょうか?
ちばとぴの投稿もご無沙汰しておりましが、なんとも楽しいご報告があり、
筆をとった次第であります。

加曽利貝塚縄文春まつり

来る令和元年5月5日、こどもの日に千葉市の加曽利貝塚で行われた
“縄文春祭り”のステージにて、私の新曲「ロックンかそりーぬ」を
初お披露目してきました。

加曽利貝塚のゆるキャラ「かそりーぬ」にも手伝ってもらって、
会場のちびっこたちにもバンドメンバーとして参加してもらって、
緑の木漏れ日ゆれるステージで笑顔たっぷりの時間をすごしてきました。

実は何気に20分位パフォーマンスで筋肉痛になるなんて(笑)
テンションマックスでお届けしました。

子供たちの前では加減などできません。
120%で向き合わないとついていけませんね(泣)
有無を言わさず本気です。

音が森に響き、
子供たちの笑顔や笑い声が空にこだまする。
見守るパパママやスタッフまでもが笑顔になるのは、
他でもない、子供たちのもつ力です。

縄文時代はとても愛に溢れた時代で、沢山の人が物々交換をして、
猟犬として飼っていた犬も家族として大事にしていたことが、
発掘された犬の骨から証明されています。

時の流れはお日様と月が教えてくれる。
季節はその時に咲く花やの木々、実る果実が伝えてくれる。
匂いで感じる、風を聴く、人肌触れる愛情も感じる心を人はすでに
持っていました。
人々は海や山を超えて、暮らしの知恵や技術をいただいたり、
伝えたりしていたようです。

縄文に学ぶこと、そのヒントを子供たちに届けられたらと作ったのがこの、
「ロックンかそりーぬ」です。

これが夜なべして作ったのに全然使えなかった踊りの道具。

そう、この曲の取り組みはこれからが本番です。
作詞曲は私、イダセイコが。
アレンジは千葉県在住で活躍されている、石井裕介さん。
録音は市内在住のギターリストの古賀友彌さん。
動画は私がせせっこ作りました。

ロックンかそりーぬ

出典:YouTube

今回作った「ロックンかそりーぬ」の紹介MVです。
ぜひ、御覧ください。

振り付けは千葉市若葉区の子供たちが子供たちで考えて、
この夏休みにとっておきの振り付けを作って、踊って披露してくれる予定です。

千葉市動物公園の応援ソング「どうぶつのうた」でも振り付けを監修してくださった植草学園大学の松原敬子先生に、
今回も監修をお願いしたところ、子供たちのためにと引き受けてくれました!

そして、かそりーぬとともに子供たちの場所にこの歌を届けていきます♫

今後、子供たちにも参加してもらって声をレコーディングして、
本番のCDを作れたらとも思っています。

みんなに踊って歌ってもらうためにデモCD、また作りました。
どこか出会えたら是非、手にとってもらって一緒に歌ってくれたらすごく嬉しいです。

加曽利貝塚、こんなに素敵な場所がある。
歴史の上に立っている私達が今の時代だからこそ、
縄文からたくさんのことを学ぶべきであろうと切に思います。
私も、もっともっと縄文を学びたいと思います。

是非、みなさん青空の休日には「特別史跡 加曽利貝塚」へ。
広い緑と空、風に吹かれに来ませんか?
週末には様々なイベントも行われています。

特別史跡 加曽利貝塚

加曽利貝塚の情報は「加曽利貝塚」で検索!!

https://www.city.chiba.jp/kasori/index.html

まで。

関連する記事

250万球で「おもちゃ箱」 ドイツ村イルミ10周年 袖ケ浦

 東京ドイツ村で10周年を迎えた冬のイルミネーションが、来場者を魅了しています。


   千葉日報チャンネル

【特報】船橋で「JAGUAR(ジャガー)ショー」開催 3月13日降臨 「千葉の英雄」…

特報! 3月13日、西武船橋店で「HELLO・JAGUAR SHOW」が開かれます。


   ちばとぴ!編集部チャンネル

イダセイコチャンネル

千葉県は九十九里白子町出身の千葉っ子シンガーソングライター。
この夏、待望のミニアルバム「うたたねうた」でメジャーデビュー。
現在も千葉県在住で千葉県中心に精力的に活動中。
とくに大好きな千葉の海や風、花や緑、青い空やきらめく星空を歌っています。

そんな音楽とイダセイコの日々を綴ります。

ランキング

人気のある記事ランキング