球界初の売り子アイドルグループのマリーンズカンパイガールズ4名の千葉ロッテマリーンズ本拠地開幕戦から5試合を終えてビール売り上げ総数は2209杯となった。カンパイガールズは来季、グループ継続をかけて本拠地開幕戦から8月31日までのZOZOマリンスタジアムでのホームゲーム59試合で4人のビール売り上げ総数3万5000杯にチャレンジする企画を行っている。達成をした場合はライブ会場でのワンマンライブと、カンパイガールズの来季継続となる。

 ホームゲーム5試合を終えての個別売り上げは次の通り。今井さやか(リーダー)1119杯(一日最高304杯)、宮崎 佑希(新メンバー)436杯(1試合最高102杯)、畑内 寿理(新メンバー)373杯(一日最高102杯)、中村葵(新メンバー)281杯(一日最高81杯)。メンバー4名の一人一日平均は110杯。残り54試合で32791杯の売り上げが必要で一人一試合平均にすると152杯の売り上げが必要となる。

 新メンバーの宮崎佑希さんは「今までのメンバーの方々の想いもあるので、なんとかカンパイガールズが継続できるように必死に頑張っていきたいと思います。4月14日のライオンズ戦からまた気持ちを入れて頑張っていきます。5試合をやってみて、なんとか流れとかコツとかを覚えることが出来ましたので、次からまた笑顔で元気よく頑張ります!それでは、最後にウ~グビグビ、マリーンズカンパイガールズです!」と意気込みを語った。

 千葉ロッテマリーンズの次回のホームゲームは4月14日の埼玉西武戦(18:30試合開始、ZOZOマリンスタジアム)。マリーンズへの応援とともに、グループ継続に向けて奮闘する彼女たちにも注目だ。

マリーンズカンパイガールズのメンバー4名

マリーンズカンパイガールズのメンバー4名

マリーンズカンパイガールズの新メンバー 宮崎佑希さん

マリーンズカンパイガールズの新メンバー 宮崎佑希さん

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング

9

ロッテ交流戦ポスター星型ロボットの詳細を明かす

千葉ロッテマリーンズ チャンネル