千葉ロッテマリーンズはドラフト6位指名の種市 篤暉投手(八戸工業大学第一高等学校)と11月25日、青森県八戸市のホテルにて契約を行った。

 種市選手は「地元青森に明るい話題を提供できるような存在になれるように頑張りたいと思っています。青森といえば種市と言われるような選手になって、地元に貢献するのが夢です。周囲からも『青森をアピールしろよ』とかよく声をかけてもらいます。だから、青森のために頑張ります。球種としてはフォークに自信がありますが、ストレートに磨きをかけて、フォークも球速の出るフォークを投げられるようになりたいです」と抱負を語り、地元の星になることを宣言した。

 会見後のフォトセッションでは、ずらりとロッテ社製のお菓子を並べられ、笑顔。「好きなロッテのお菓子はカスタードケーキです。フワフワしていて美味しいですよね」とコメントし、詰めかけた報道陣を笑わせていた。

ロッテのお菓子を前に笑顔の種市選手

ロッテのお菓子を前に笑顔の種市選手

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018夏季(6〜8月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!