新しい町のシンボル誕生を祝福

多くの人が見守る中、早速回収に訪れた郵便局員

 九十九里町小関の観光拠点「海の駅九十九里」で24日、青い丸型郵便ポストが設置され、関係者が出席して除幕式が開かれました。

 多くの町民らが駆け付け、新しい町のシンボル誕生を祝福。代表者による記念投函(とうかん)も行われ、稼働が始まりました。

安心してください、普通郵便も投函できますよ♪

青ポストに記念投函する児童=24日、九十九里町小関の海の駅九十九里

 九十九里の青い空と海をイメージした青色を採用。「青い丸型として稼働」するのは全国で唯一であることから、話題になっています。

 ただし、従来、青い立方体のポストが速達専用として全国で使用されてきたことから、インターネット上では「普通郵便は投函できない?」といった心配の声も。

 九十九里町の豊海郵便局に確認すると「(青い丸型郵便ポストは)普通の郵便物も受け付けており、速達専用ではありません」とのこと。気軽に手紙を投函できるそうです。

「我が町に日本に一台の自慢できるものができた」

 式典では、関係者が除幕を行った後、町内3小学校の代表児童と町観光大使のダンスロックバンド「DISH//」が家族らに宛てたはがきをポストへ。郵便局員が早速登場し、投函された郵便物を回収していきました。

 あいさつした大矢吉明町長は「このポスト設置によって町を活性化していきたい。九十九里に来たら必ずここに来て、手紙を送って」と呼び掛け。

 豊海郵便局の行川亨局長は「我が町に日本に一台の自慢できるものができた。このポストを通して全国に幸せを届けたい」と意気込みました。

関連リンク

ちばとぴ!編集部チャンネル

ちばとぴ!編集部の公式チャンネルです。千葉情報のまとめの他、編集部オリジナル記事、編集部からのお知らせなどを配信いたします!

当サイトの事務局的な動きもしております。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017ー18冬季(12〜2月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!