千葉ロッテマリーンズは5月29日のソフトバンク戦を終えてQVCマリンフィールドでの公式戦26試合の累計観客動員は52万4150人で前年26試合経過時点(43万1323人)と比較して121.5%の大幅アップとなった。1試合平均は2万160人(前年26試合経過時点での1試合平均は1万6589人)で1試合平均3571増。昨年年間71試合の観客動員は132万2004人で今後も順調に推移すれば大幅アップが見込まれる(過去最高は08年の160万1632人)。

 山室晋也球団社長はこの件に関して「チームが開幕からいい試合をしてくれているのが一番。そして様々な企画なども効果的に投入できたと思います。試合後、選手たちが勝った際にライトスタンドに行ってファンと一緒に『WE ARE』のコールを自発的に行ったり、SNSなどで今までは見えていない素顔を見せてくれる事でファンの方が選手に親近感を感じていただけている部分もあるのではないかと思います。また月1回のファン感謝デーのテーマで行っているマリンフェスタも定着し選手も試合前、試合後もファンサービスをしてくれています。ここまではいい形で来ていると考えます。また、交流戦の広島、阪神、ヤクルト戦も順調にチケットは売れています。交流戦を仕切り直しにして、ここからさらにファン、チーム、フロントと一体となってマリーンズ旋風を吹かせたいと考えています」とコメント。

 またSNSによる情報発信も好調で、球団公式Twitter フォロワー数は26万2847(昨日5月29日時点)で一年前の同日日で比較すると、10万5581増加と前年比167%。マリーンズ公式YouTubeにアップしている様々な映像の再生数も(2月1日~5月29日の期間)で363万381回で、前年同期間比をすると219万4813回増加で前年比253%となっているなど、ファンの方の興味が高まっている事を現す数字が出ている。

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング