バスケットボール男子Bリーグ第11節2試合目、千葉ジェッツ対サンロッカーズ渋谷戦が10日、青山学院記念館(東京都)で行われ、ジェッツが105-72でSR渋谷に圧勝! 東地区単独2位の維持にも成功しました。

【スターティング5発表!】

本日の千葉ジェッツのスターティング5は、#2 富樫勇樹 、#3 マイケル・パーカー 、#21 ギャビン・エドワーズ、#31 原修太、#34 小野龍猛

絶対勝つぞ、千葉ジェッツ!

【前半】

立ち上がり#2 富樫のフローターで先制したが渋谷も#6 サクレを中心とした攻めで対抗し一進一退の攻防が続く中、#34 小野、#8 ライオンズ、#2 富樫とタッチよく3Pが決まり流れを引き寄せリード。

続く第2Qも昨日の課題であったディフェンス、リバウンドからしっかりチャンスメイク。

勝負所で#10 チェンバースの3Pやファストブレークから#21 エドワーズがダンクを連発し主導権を渡さずそのままの勢いでリードを広げると、千葉55-39渋谷で後半へ!!

【後半】

前日9日のSR渋谷戦とは一転し16点リードで前半を終えた千葉。

3Q開始直後にSR渋谷#32 山内に3Pを決められてしまったものの、アグレッシブなディフェンスを継続し、#2 富樫のスティールなどでスコアを伸ばしていく。

前半同様ペイントエリア内では激しいせめぎ合いが繰り広げられるが、#21 エドワーズや#3 パーカーが奮闘し簡単に主導権を渡さない。

オフェンスでも#2 富樫を起点に積極的にインサイドへ切り込み、SR渋谷のファウルを誘う。

第3Q残り2分を切ったところで#8 ライオンズの3Pが炸裂。

点差はこの日最大の20点に。

しかしSR渋谷も#9 ベンドラメを中心に果敢にゴールへアタックしてくる。

インサイドでは前半から貢献が目立ったSR渋谷#0 満原が身体を張って得点に繋げた。

残り40秒で#3 パーカーがスティールからダンクをたたき込むが、直後SR渋谷#9 ベンドラメにアウトサイドから得点され、77-59で最終Qへ。

第4Qも開始直後から一進一退の攻防が繰り広げられる。開始2分はやや慌ただしい攻撃が続いたが、徐々にペースダウンして得点に繋げた。

ディフェンスでは#11 西村がフロントコートでスティールに成功すると、そのまま#8 ライオンズが豪快なダンクを披露し会場のジェッツファンを沸かせた。

オフィシャルタイムアウト前のポゼッションでは#21 エドワーズもダンクを決め、千葉のスコアはついに90点に到達。

タイムアウト終了直後、SR渋谷#55 ハレルソンがジャンプショットを沈め追撃の口火を切りにくるが、#11 西村、#10 チェンバースの3Pで流れをキープ。

ディフェンスリバウンドをきっちりおさえ、さらには#21 エドワーズのブロックショットが炸裂するなど、SR渋谷に得点を許さない。

試合時間が残り1分半を切ったところで今度は#8 ライオンズの3Pが鮮やかに決まり、スコアは101-70と30点の大量リードを獲得。

その後も千葉の守備は緩むことなく、105-72で昨日の雪辱を晴らす勝利を掴んだ。

昨日からきちんと修正し、千葉本来のアグレッシブなディフェンスをやり抜いたことで得られた勝利。

東地区単独2位の維持にも成功し、次週ホームで迎える川崎戦に向けて弾みをつける結果となった。

【試合結果】

千葉105−72渋谷

GAME1の課題を修正しディフェンスからテンポをつくり渋谷を撃破!!地区単独2位を死守!!

最多得点:#21 エドワーズ 25PTS
最多RB:#21 エドワーズ 14RB

【大野HCコメント】

今日は昨日の課題を修正することをミーティングでしっかり話し、選手がそれをコートで表現してくれたのが勝利に繋がりました。オフェンス面では西村選手がボールをしっかり回してくれて、富樫選手と違う味でのオフェンスの形を出してくれました。ライオンズ選手についてはバスケットをよく知っている選手で、合流間もないですがアジャスト能力がすごく高く頼りになると感じています。こういったいいゲームを今後も続けていけるように頑張ります。

【富樫選手コメント】

今日はディフェンスから走ることでリズムがつくれたのが良かったと思います。ハーフコートでのボールムーブメントも良かったのでこういったゲームを1日目からやらないといけないと思いました。ただ、ある程度点差が離れた時にまだゴール下を簡単に空けてしまったりディフェンスでルーズになってしまうシーンがあったので、一つでもそういう部分を修正していければと思います。

【チェンバース選手コメント】

今日はハードなディフェンスをすることでオフェンスのリズムをつくることができたのが勝因だと思います。(渋谷の選手達について聞かれて)プレー中はもちろん真剣に戦いますが、今でも友達ですしプレーが止まったりした時などはコミュニケーションを取って楽しみながら試合が出来ました。

【西村選手コメント】

関連するキーワード

千葉ジェッツチャンネル

「千葉ジェッツ」の公式チャンネルです。ジェッツ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング