どっちを向いても、文字、文字、文字! しかも漢字ばっかり。とはいえ、これは書道。何気に美しい、というレベルを超えて、「ん? これ全部君たちが書いたの?」ってなもんです。

「よかったら見て行かれませんか?」と爽やかに声をかけてきた女子高校生に導かれて立ち寄ったのは、千葉県立君津高等学校書道部が主催している校外展「のづかさ展」だったのです。

作品を見ていたゲストが足を止めて一つに注目していると、その様子をうかがっている女生徒が「これ、私が書いたんです」と言って近づいてきて、説明してくれます。こんな風に地元の高校生と、年代の異なる様々な方が交流して、その場の雰囲気がふわっと明るくなるんです!

大人顔負けの作品も多数並ぶ中、ひときわ目立っていた、二年生の渕上彩瑛さんの「臨・智永真草千字文」。全国高等学校総合文化祭 広島大会にて、全国の書道部の生徒たちによる投票で見事、一位になった作品です。見応えありました。

実は彼女、大東文化大学主催全国書道展にて全国書道協議会賞、大正大学主催全国書道展にて書道研究部部長賞、房総の書100人展で審査員特別賞を受賞するなど、数々の賞を受賞しているという実力者。ビックリです。

本当にみなさん、笑顔が素敵でした。若き書家たちが支える日本の伝統文化。これからも進歩・発展が楽しみです。来年もお邪魔してみたいと思いました。

他の写真や詳細レポートについては下のリンクにある「高校生スゴイ。書道にかける情熱と人々の交流(Apps Journal)」もご覧ください!

のづかさ展
平成27年度 千葉県立君津高等学校書道部校外展
会期:平成28年3月15日(火)〜18日(金)最終日は15時まで
会場:君津市役所1階 ロビー

関連する記事

睦沢・瑞沢川で今年もサケが遡上

11月7日、睦沢町の瑞沢川で遡上するサケの姿が発見されました。


   むつざわに来てね チャンネル

足場やぐら建て替え!(その4)孟宗竹のハネギがつきました!次回こそ完成か…?!

今週末の活動日は9月30日(土)、袖ケ浦市郷土博物館で足場建ての仕上げ作業を予定しています。荒天時延期。見学…


   上総掘りチャンネル

関連するキーワード

Apps Journalチャンネル

「房総浪漫をライフスタイルに盛り込もう」をテーマに、県内外のすべての方にとって、日常の生活や非日常のレジャーなども含めて房総の魅力をアプリケーションとして楽しむためのエッセンスを紹介しています。

ランキング

人気のある記事ランキング