千葉ロッテマリーンズの新助っ人 ジミー・パラデス内野手がイースタンリーグ・東北楽天イーグルス戦(Koboパーク)にて1号本塁打を放った。2番DHで出場し、1-4で迎えた七回一死一塁の場面で楽天・宋から右翼へ特大の1号2ランを記録した。

 パラデス選手は「打ったのはストレートデス。打席に立つ前にダフィーと、とにかく力を抜いて振ってみようという話をしていたんだ。センター方向を意識して振り抜いたらいい結果になったよ。ちなみにバットはダフィーのバットを借りたんだ。いろいろとアドバイスをくれるコーチとダフィーに感謝デス」とコメント。一軍で日本の野球に戸惑い、本塁打を記録していないだけにかすかな光明を感じたようで笑顔だった。

 この試合でパラデス選手は5打数1安打2打点。なお試合はマリーンズが3-5で敗れた。

特大の1号本塁打を記録したパラデス

特大の1号本塁打を記録したパラデス

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング