【いすみ鉄道 社長コラム】

22日の大雪で関東地方は大変なことになりましたね。
 
鉄道も道路も飛行場も、世界の東京のインフラがみんな機能しなくなってしまうような事態でした。
 
関係者の皆様、また利用者の皆様、大変な経験をされた皆様、本当にお疲れ様でした。
 
いすみ鉄道沿線でも、午後から強く雪が降り始め、雪の重みで木が倒れて来た箇所が数か所発生しましたために、上下それぞれの最終列車1往復が運休となった他、本日もその支障木の撤去のために午前中の列車の運転を取りやめました。
ご迷惑をおかけいたしましたことをお詫び申し上げます。
 
いすみ鉄道の応援団の皆様方が昨日今日の状況を記録してくれていますのでご紹介させていただきます。

昨日の夜の大多喜駅です。
房総半島とは思えませんね。

今朝の国吉駅です。
スタッフの仙ちゃんがホームの雪かきをしてくれています。

国吉駅の広場も白銀の世界です。

点検用の作業車です。

倒木等の処理をする場合、足場の良い場所ばかりではありませんので、こういう作業車両で点検することになります。
26kmの線路を往復するとどうしても数時間かかってしまいます。

23日も各地で雪の後遺症のような状態が続きましたが、いすみ鉄道のようなローカル線でもこれだけ大変ですから、幹線区間の皆様方は大きな作業になったことでしょう。
 
皆様本当にお疲れ様でした。
 
と思ったら、今度は火山の噴火。
そして北米では大地震。

またまた心配事ですが、皆様どうぞお元気でお過ごしください。

関連するキーワード

いすみ鉄道 社長ブログチャンネル

いすみ鉄道のようなローカル線は、鉄道会社といっても零細企業です。
こういう小さな会社は、社長が何を考え、どういうポリシ―や方向性で進んでいるのかを皆さまに直接お伝えし、ご理解いただくことが大切だと考えています。
このチャンネル(ブログ)では、地元の情報やイベントなども併せて、「いすみ鉄道の今日」をお伝えいたします。
どうぞお付き合いくださいますようお願い申し上げます。

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018夏季(6〜8月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!