千葉ロッテマリーンズはクラフトビールの本場・アメリカ オレゴン州ポートランドでの仕込み方を追求した地元幕張のブルワリー(ビール醸造所)で醸造されたビールをマリーンズビールとしてZOZOマリンスタジアムでの主催試合にて7月6日より販売を行う事になった。

 千葉市初のクラフトビール醸造所である「MAKUHARI BREWERY(幕張ブルワリー)」(2018年5月自社醸造開始)にてZOZOマリンスタジアムで飲むのに最適なビールを開発。海が近い野外球場にはピッタリのホップの香りと苦みがきいたフルーティーなエールビールが完成した。

 名称はマリーンズビール、ビールスタイルはペールエール(上面発酵で醸造されるフルーティーなビール)で800円(税込み)。330mlで、品質のいいビールを提供するため1日450杯、限定販売とする。販売店舗はZOZOマリンスタジアム内、Food Court Chiba(フロア2 内野中央Cゲート付近)、選手の台所(フロア2 内野3塁側211・212通路の間)、ガナドール(フロア1 外野ライトスタンド下)。

 試飲した井口資仁監督は「試飲をさせていただきましたが、とてもフルーティーでビールが苦手な方でも飲みやすい、とても味わい深いビールだと思いました。自分のようなビール好きは、何杯でも飲めそうです。ぜひマリーンズの勝利をマリーンズビールで乾杯してください」とコメント。幕張ブルワリー代表の富木毅氏は「クラフトビールの本場・米国ポートランドから輸入した醸造設備を使い、米国の醸造技術者と共に、どなたにでも飲みやすく、試合をじっくり観戦しながら味わって頂けるビールをつくりました」と胸を張った。

マリーンズビール。スタジアムにはピッタリのビールだ

マリーンズビール。スタジアムにはピッタリのビールだ

マリーンズビールを手にする井口監督

マリーンズビールを手にする井口監督

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018夏季(6〜8月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!