千葉ロッテマリーンズの今シーズンで3代目となるマリンフェスタ新ユニホームの胸の「Marines」ロゴ部分にはカモメモチーフ柄が採用されており、休んでいるカモメが2種、飛んでいるカモメが16種の計18種類のカモメがデザインされている。胸のロゴは海をイメージした鮮やかなデジタル迷彩柄の中にカモメ達が自由に行動しており、デジタル迷彩柄とカモメ柄をミックスさせた斬新なデザインとなっているのが最大の特徴だ。

 2月10日に行われたこのユニホームの発表会でモデルを務めた佐々木千隼投手は「最初は気が付きませんでした。胸のロゴマークの中にカモメがいるよと聞かされて、あ、本当だ!と思いました。まずはこのユニホームを着て一軍で投げられるように残りのキャンプでしっかりと頑張りたいです」とコメントした。

 このユニホームは今シーズン、ZOZOマリンスタジアムで試合が行われる4月23日オリックス戦、5月28日オリックス戦、6月11日東京ヤクルト戦、7月30日埼玉西武戦、8月13日埼玉西武戦、9月24日北海道日本ハム戦で着用予定で、様々なファンサービスを企画中だ。

ユニホームデザイン

ユニホームデザイン

胸の「Marines」ロゴ部分には18種類のカモメが飛び交っている

胸の「Marines」ロゴ部分には18種類のカモメが飛び交っている

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017秋季

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!