2020年東京オリンピックサーフィン会場となる釣ヶ崎(つりがさき)海岸には、大きな鳥居があります。

これは一宮町の由来になった上総国一之宮 「玉前神社」の鳥居です。海岸から距離にすると8キロほど離れたところに本殿がありますが、毎年9月12日になると「上総十二社祭」が開かれ、神輿を担ぎ玉前神社から往復するそうです。総距離約16キロ!

担ぐ人数が限られており、交代交代でその長距離を1日掛けて往復するのには認められた屈強な大人しか選ばれないとのこと。

吉野さんはそのお祭りが大好きでその為に上京しても毎年9月12、13日は帰省して祭りに参加していたということです。最初は線が細く担ぎ手には選ばれなく悔しい思いをしたそうですが、毎年顔を出すうちに地元の方々に顔を覚えられ、いつしか担がせてもらえるほど信頼されたのがすごく嬉しかったそうです。

縁結びの神様でもある、玉前神社のタマヨリヒメノミコトが繋いだ地域の縁(えにし)の話。

僕らも出会って紹介して頂いたご縁をつてに記事を書いていますが、現代に蘇る「タマヨリヒメの縁結びの奇跡」ならぬ、「ヨシノタケシ」の縁結びの奇跡を目の当たりにして、この一宮の縁を読まれているみなさんに繋いでいきたいと思っております!

そして2020年、東京オリンピックサーフィン会場のこの釣ヶ崎海岸には、何万人もの来場客が訪れ、熱い戦いが繰り広げられることでしょう。そこでまた一宮を好きになり、一宮町と様々な地域の方々の縁が結ばれることを期待しております!

<おまけ>リアルチーバくんを探せ!

この中にチーバくんに扮した、ばっしーが隠れています!どこでしょう?

関連する記事

関連するキーワード

千葉県住みます芸人チャンネル

よしもと「47都道府県あなたの街に住みますプロジェクト」千葉県担当明太子チェリーが千葉県内の人気イベントや面白スポットを体当たり取材していきます!2011年5月から担当。2018年4月うっほ菅原とばっしーが新たなコンビを結成。ばっしーはリアルチーバくんとして千葉県内のイベントに出没中。

ランキング

人気のある記事ランキング