千葉県内の伝統凧がゴールデンウィークの袖ケ浦海浜公園に大集合!

「かずさの国 凧あげフェスタ2019」が5月4日、袖ケ浦海浜公園(袖ケ浦市南袖)で開催されます。

参加無料、事前申込不要です。

当日は上総本納凧保存会、袖ケ浦市凧保存会、日本の凧の会千葉県支部の3団体が、県内で古くから伝わる「袖凧」「角凧」「唐人凧」をあげ競演します。

最大で縦約3.3メートル、横約3メートル、重さ10キロもの大凧も大空を舞う予定で、その迫力と伝統の絵柄を満喫することができます。

県内では、古くから男子の初節句に大きな「袖凧」や「角凧」を近所総出であげ、お祝いをする風習があり、現在でも一部の地域で行われています。

「袖凧」と「唐人凧」は他県にはない独特な形をしており、「袖凧」は漁師が大漁のお祝いに着た「万祝(まいわい)」という着物の形や図柄をもとに作られたとされています。

「唐人凧」は異国的な形で、鎖国時代、長崎にオランダから伝わった「バラモン凧」にルーツがあるといわれ、富津市の湊川を上がってきた船から伝えられたと言われています。

当日の午後1時30分からは、自由にミニ和凧(1枚500円)をあげることができる「こども凧あげ」を開催します。

保存会会員による指導もあるので初心者でも安心です。

【かずさの国 凧あげフェスタ2019概要】
◆日時:5月4日(土・祝)午前10時~午後3時 ※雨天時は11日に延期
◆場所:袖ケ浦海浜公園(袖ケ浦市南袖36-1)
◆内容:
〈凧保存会の凧あげ競演〉午前10時20分~午後1時30分 
〈こども凧あげ〉午後1時30分~午後3時
※凧あげ指導は随時受け付け。ミニ袖凧販売は正午から(なくなり次第終了。先着100枚)
◆主催:かずさの国 凧あげフェスタ実行委員会
◆問い合わせ:袖ケ浦市郷土博物館 電話0438(63)0811

関連するキーワード

ちばとぴ!編集部チャンネル

ちばとぴ!編集部の公式チャンネルです。千葉情報のまとめの他、編集部オリジナル記事、編集部からのお知らせなどを配信いたします!

当サイトの事務局的な動きもしております。

ランキング

人気のある記事ランキング