千葉ジェッツは2月6、7日、八千代市市民体育館に広島ドラゴンフライズを迎えてホーム2連戦を開催。ともに10勝17敗でぶつかる8位・ジェッツと9位・広島は、プレーオフ進出圏内を争う当面のライバルです。

ジェッツは初戦を71-78で落としましたが、2戦目は残り0・1秒で好調クリント・チャップマン選手がねじ込み70-69で逆転勝利!

この2戦目の第4クオーターの攻防がすごすぎた!

千葉ジェッツ公式のレポートをからめつつ、@SportsCastBasketballのツイッターアカウントの動画をまとめました!

50-50の同点で第4クオーターへ!

ジェッツリードでこのピリオドが終わる流れになっていく。しかし、広島#21ショーターに1on1から得点をゆるし同点とされこのピリオドを終了する。

第4Qスタート! 出だしは良かったが…

ジェッツはメンバーを代え、調整するが広島#21ショーターにスティールから得点を奪われ逆転を許してしまう。広島はオフェンスの主軸を#21ショーターに切り替えると#21ショーターの1on1から得点を重ねていく。

残り2分、西村が3P! 千葉63-64広島!

#34小野はアウトサイドに捌き#11西村が3Pを沈め、1点差まで詰め寄るが広島も#21ショーターがまたしても決め返し、3点差とされるとジェッツはタイムアウトを請求する。

タイムアウト明け、ジェッツは#5リカートに代えて#18ジョーンズを投入し、広島#21ショーターにマッチアップをさせる。

ジェッツは広島オフェンスを止めると、この試合のホットラインとなっている#11西村と#13チャップマンのピックアンドロールから得点し、また1点差までもどす。

残り数十秒、千葉ジェッツ逆転! 千葉68-67広島!

ジェッツボールで進む中、再びジェッツ#11西村と#13チャップマンのプレーから#13チャップマンがダンクを豪快に決め、ついに逆転に成功する。

なんてことだ! 残り5.7秒、広島が再び逆転!

残り18秒で広島は最後のタイムアウトを請求すると、その明けのプレーで#21ショーターのこぼれ球を#1クウェインタンスが押し込み残り5秒で再逆転されてしまう。

ラストプレーで千葉ジェッツが大逆転勝利!

#5リカートが最後のシュートを試みる。勝負を決めるシュートは外れ、試合が終了するかに思われたが#13チャップマンがこのボールをティップし、ゴールへと導く。
ちばとぴ!動画部チャンネル

千葉関連のおすすめ動画を紹介するチャンネルです。月1回のニュース番組「千葉日報ニュースβ」もこちらで更新情報を発信します。

ランキング

人気のある記事ランキング