千葉県立旭農業高等学校が復興支援の寄付

千葉県立旭農業高等学校(旭農業高校)の2年生7人で構成する「復興支援プロジェクト班」が旭市長を訪問。昨年伊豆大島にある東京都立大島高等学校(大島高校)の文化祭で新米や落花生を販売した収益の一部を、市の復興支援に役立ててほしいと寄付しました。

明智市長に寄付金を手渡す生徒

明智市長に寄付金を手渡す生徒

旭農業高校の生徒たちが進める復興支援活動

千葉県旭市は東日本大震災の際に津波や液状化による被害を受け、死者・行方不明者16人の尊い命が犠牲となりました。旭農業高校は市内にある県内唯一の単独農業高校で、創立108年を迎えた伝統校です。復興支援プロジェクト班メンバーは農業高校の特徴を生かし、校内で作った新米を市内の被災者に届ける活動や、被災地での花植え活動などさまざまな復興支援活動をしています。

共に災害を乗り越えたい

さらに復興支援プロジェクト班は、2013年に大規模な土石流災害に遭った伊豆大島を一昨年と昨年の2度訪れています。一昨年は献花台に花のプランターを設置し、大島高校での文化祭に参加しました。昨年は大島町役場に義援金を届け復興が進むまちを視察。また大島高校を訪問し、旭市の被害状況の説明やメンバーが行っている支援活動などを紹介しています。
メンバーは災害の経験などを伝え、記憶を共有することが大切だとし、次回も伊豆大島に自分たちが作った花を植えたいと抱負を語りました。

旭農業高校の復興支援プロジェクト班メンバー

旭農業高校の復興支援プロジェクト班メンバー

あったか旭チャンネル



旭市の公式チャンネルです。市内のニュースやイベントなど、旭市ならではの「あったかい」情報を不定期に発信します。旭市のFacebookやInstagramもチェック!

○FB(身近な情報やロケ地情報などを発信)
https://m.facebook.com/city.asahi/

○Instagram
アカウント:@asahi_city
ハッシュタグ:#あったか旭

ランキング

人気のある記事ランキング

7

ロッテ150本塁打のレアードグッズを販売へ

千葉ロッテマリーンズ チャンネル