5月18日付の千葉日報朝刊ラッピング紙面(ちばとぴ編集部撮影)

縄文時代の遺跡で日本最大級の貝塚で、国史跡の「加曽利貝塚」(千葉市若葉区)が、県内で初めて、国宝に相当する「特別史跡」に格上げされる可能性が高まっています!

本年度中に指定される見通しの中、千葉日報は5月18日、縄文のムラの様子を今に伝えるこの加曽利貝塚を“ラッピング”新聞で大特集しました。

キオスクでも激目立ち!

外側2ページで大きくカラー写真を掲載。記事では、加曽利貝塚をめぐる紆余曲折と地域の関わりについて紹介しているほか、1964年の発掘調査や今月4日に行われた「縄文春まつり」の写真などを織り交ぜ、充実した内容となっています。

加曽利貝塚PR大使の「かそりーぬ」も登場していますよ!

このラッピング新聞は、千葉県内の新聞販売店やコンビニエンスストアで販売されています。問い合わせは同社販売局、電話043(227)0077(平日午前9時~午後5時)。

関連リンク

関連するキーワード

ちばとぴ!編集部チャンネル

ちばとぴ!編集部の公式チャンネルです。千葉情報のまとめの他、編集部オリジナル記事、編集部からのお知らせなどを配信いたします!

当サイトの事務局的な動きもしております。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017秋季

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!