11月7日、睦沢町の瑞沢川で遡上するサケの姿が発見されました。

「土睦小学校裏でサケを発見!5匹ほど元気に泳いでいて、段差を飛び上がる姿も見えました!」撮影:K.Mさん

サケは海に出てから約3年で再び同じ川に帰ってくるといわれています。
瑞沢川の稚魚放流事業は2011年から取り組んでいて、2015年から3年連続で瑞沢川でサケの遡上が確認されていることを考えると、たまたまサケが迷い込んだのではなく、過去に瑞沢川で放流した稚魚が戻ってきた可能性がかなり高くなってきました。

瑞沢川は、現在、本州太平洋側の南限とされている栗山川(横芝光町)よりも南に位置するので「瑞沢川が南限となるかもしれない」と関係者は期待に胸を膨らませています。

11月10日には、産卵を終えて息絶えたサケの魚体を確保し、こども園や小学校、中学校へ運びました。子どもたちは自分たちが放流した稚魚が大きくなって帰ってくる姿を実際に目にし、興味深く観察していたそうです。

今回確保した魚体はメス、全長66.8cm。

今年初めて遡上が確認されたサケ=放流する会・松本会長

放流する会の松本会長は「サケの放流事業を通して、自然に対する関心や興味が高まったり子どもたちの自然教育に役立つように、今後も活動を続けたい」と目を細めていました。

【問い合わせ】
一宮川(瑞沢川)にサケの稚魚を放流する会
松本会長 0475-44-2289

関連する記事

上総掘り☆井戸巡りツアー@君津市久留里~その3・円覚寺の最深自噴井戸(750m!)~

次回の活動は、3月5日(日)に袖ケ浦市郷土博物館で竹ヒゴ製作の実習などを行います。


   上総掘りチャンネル

週刊ちばにっぽう 2016/04/30-5/6

4月30~5月6日の千葉日報オンライン掲載記事の中から、反響のあった記事、おすすめの記事などをご紹介します。


   千葉日報チャンネル

上総掘り⭐︎ついに埋まったスイコを強行突破で引き上げる!途中で竹ヒゴが切れたら?そん…

今週末の活動は12日(日)、袖ケ浦市郷土博物館にて竹ヒゴ製作などを行います。見学などは寒さ対策を万全にお越し…


   上総掘りチャンネル

関連するキーワード

むつざわに来てね チャンネル

澄んだ空気に豊かな自然、里山の風景・・・。睦沢町はのんびりした時間が流れている、のどかな町です。
むつざわで楽しめるイベントやお店の紹介のほか、むつざわのさまざまな人々のライフスタイルなど、睦沢町に関するさまざまな情報をウェブサイト「むつざわに来てね」と連動してお届けします。
睦沢町に、ぜひ遊びに来てください!

★Facebook
https://www.facebook.com/mutsuzawanikitene/

ランキング

人気のある記事ランキング