旭市・銚子市・匝瑳市・横芝光町・山武市の4市1町の首長が7月4日県庁を訪ね、森田知事に対し2020東京オリンピック・パラリンピック聖火リレーのルートについての要望書を提出しました。

明智市長から森田知事へ要望書を手渡す

明智市長から森田知事へ要望書を手渡す

要望書の内容

要望書では、聖火リレーを実施することで東日本大震災の被災地である当地域の復興につなげたいという思いに加え、国が進める「ホストタウン」に旭市を始めとする2市1町が登録されていることや、県主催のビーチクリーンに対しては全ての市町が賛同・協力し、地元住民とともに毎年実施していること。さらには、東京都が実施している「未来(あした)への道1000km縦断リレー」に対し、事業開始当初から協力していることなどから聖火リレーのルートに選定されることで、地域の活性化、観光客の誘致、自然環境の保全が図られることなどをアピールしています。

森田知事らからは

森田知事及び県オリパラ推進局からは「今後、聖火リレーについての実行委員会を立ち上げ、12月までに県内ルートを決定したい、4市1町の要望も考慮しながら検討していく」との回答がありました。

明智市長から要望書の概要を説明

明智市長から要望書の概要を説明

今後の予定などについて話をする森田知事

今後の予定などについて話をする森田知事

関連するキーワード

あったか旭チャンネル



旭市の公式チャンネルです。市内のニュースやイベントなど、旭市ならではの「あったかい」情報を不定期に発信します。旭市のFacebookやInstagramもチェック!

○FB(身近な情報やロケ地情報などを発信)
https://m.facebook.com/city.asahi/

○Instagram
アカウント:@asahi_city
ハッシュタグ:#あったか旭

ランキング

人気のある記事ランキング