シートのイメージ図。目の前はグラウンドレベルとなっており、臨場感溢れるシートだ

シートのイメージ図。目の前はグラウンドレベルとなっており、臨場感溢れるシートだ

千葉ロッテマリーンズは本拠地QVCマリンフィールドのバックネット裏中央グラウンドレベルに位置し、選手と同じ目線で、臨場感あふれる迫力のプレーを見ることができる新席種として、「サントリー マスターズドリーム シート」を3月1日10:00より一般発売を開始することになった。

 この新設される特別席は、サントリービール(株)によるエリア命名権取得に伴い、同社製品の“心を震わせるほどにうまいビール”「マスターズドリーム」を冠名称に戴いた「サントリー マスターズドリーム シート」として発売される。また、同エリアでは「ザ・プレミアム・モルツ・マスターズドリーム」、「フィンガーフード」(ブッフェ形式の軽食)が試合中、無料提供されるなど、これまで味わったことのない贅沢なシートとなる。

 サントリー マスターズドリーム シートの概要は次の通り。場所:バックネット裏特別エリア 。席数:64席。年間販売は法人限定で税込1,080,000 円。日売販売は2、3列目のみで税込で16,000 円(1列目は年間販売のみ)。千葉ロッテマリーンズは今後も積極的な球場改修などを行い、より魅力あるスタジアム作りを行う方針だ。

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング