連覇に向けて視界良好だ。千葉ロッテマリーンズカップ2017千葉県中学硬式野球大会の準決勝が8月19日に行われ第2試合で 千葉西リトルシニアが市川ポニーを2-0で破った。

 前回王者の貫禄だった。千葉西リトルシニアが見事な継投で完封勝利を収めた。先発の吉田慶太投手(真砂中3年)は「力で抑えるタイプではないので」と緩急を使いながら3回を無失点。2番手、山根雄峰投手(習志野六中2年)は「ストレートに自身があった」と一転、直球主体の攻めでこちらも3回を無失点に抑えた。最終回を任された加藤丈投手(真砂中3年)は、ピンチを背負うも「野手の声に助けられた」と後続を打ち取り、完封リレーが完成した。

 千葉西リトルシニアは昨年の優勝チームで過去2度の優勝を誇る。連覇となれば大会史上初の快挙となるだけに2年生の山根投手は「お世話になった先輩方のため、連覇を達成したい」と意気込んでいた。

完封リレーの投手陣。右から先発の吉田投手、2番手の山根投手、3番手の加藤投手

完封リレーの投手陣。右から先発の吉田投手、2番手の山根投手、3番手の加藤投手

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017ー18冬季(12〜2月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!