千葉ロッテマリーンズカップ 2017 千葉県中学硬式野球大会の準々決勝が8月13日に行われ、匝瑳リトルシニアが千葉市リトルシニアを9-1で破った。

 1-1の同点で迎えた五回に林登生外野手(野栄中3年生)が右越えの2点適時三塁打を放ち2者が生還。この一打で試合が決まった。

 林選手は「試合前は緊張して、打てるか自信がなかったけど、この回に自分が打たないと相手チームに流れが行ってしまう場面だった。第一打席は低めのストレートを狙ってセンター前ヒット、第二打席はカーブを狙ってライトライナーだったので、この打席(第三打席)はストレートを狙っていた」と話した。

 林選手は第4打席も右前にヒットを放ち、4打数3安打で打線を牽引し、チームをベスト4進出に導いた。

バットでチームを引っ張る林外野手

バットでチームを引っ張る林外野手

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング