長さ25mの氷のスケートリンクが、流山おおたかの森駅前に出現

流山おおたかの森駅前広場では、12月16日(土)から翌年1月8日(月祝)まで、氷のスケートリンク「ながれやまアイスワールド mo-rink」を設置します。60~70人が滑ることができる広さがあり、横12メートル、縦25メートルです。
近年、日本選手の活躍によりフィギュアスケート人気が高まっていますが、実際本物の氷を使ったこの規模のスケートリンクは首都圏でも数えるほどしかなく、昼間は日差しの中で爽快に、夜はイルミネーションのきらめきの中でスケートが出来ます。
さらに、1月6日(土)には、世界選手権で銀メダルを獲得した小塚崇彦さんによるスケートパフォーマンスを13時から予定しています。世界のスケーティングをこんな間近で見られることは稀です。


日時:12月16日(土)~1月8日(月祝)11:00~20:00
 12月18日~22日 14:00~20:00
 12月31日・1月1日 11:00~18:00
 1月6日は、スケートパフォーマンス終了後に滑走可能

料金:大人(中学生以上)1200円(子ども同伴の場合は、1000円)
   子ども(4歳~小学生まで)1000円
   スケート靴持ち込みで滑走のみの場合は、400円引き
※手袋必須
※小学生以下は、入場時にヘルメットとプロテクター着用(無料貸出)
※大人はヘルメット(無料貸出)またはニット帽の着用が必要

moricom流山チャンネル

流山市?
あぁ・・・名前は聞いたことあるかも。。。
イメージ?
うーん・・・(無言)

でも、引っ越してくる人が政令指定都市をのぞけば全国一!!(※)
そんな”住みたくて仕方がない”大人気・流山市の魅力をお伝えします。

※転入超過数(総務省)

ランキング

人気のある記事ランキング