#futtour2017 第3弾は岩谷観音堂(または岩谷堂)にやってきました。

上総湊の吉田屋から天羽高校に抜ける道の途中にありますが、珍スポットだと噂には聞いていましたが富津っ子も初取材です。

少し登ってきたところに観音堂はあります。

こんな風に崖にボコボコと洞窟があるんです。
地元の方が見学しやすいようにと手すりなどを整備してくださったそうですが、階段などもあるのでアパートみたいですよね?


階段もあるので一番右側の穴に入ってみると・・・

まず目に飛び込んで来たのがテーブルと椅子(笑)え?ここリビング?
なぜ、ここにテーブルセットが置いてあるかはなぞですが、休もうにもちょっと砂っぽかったです(笑)

壁にはたくさんの磨崖仏が掘られていて異様な雰囲気です。

観音堂のすぐ右手には奥までつながっていそうな洞窟が。ここは、コの字の回廊屈になっていて、観音堂の左手にでます。

回廊屈の一番奥は光が届かないのでやはり暗いですね。ここも壁一面に磨崖仏や仁王像のようなものが掘られていました。

砂岩で柔らかい岩質なので表面が削れ角がとれているのも味ですね。

回廊屈の出口付近にさらに上にあがる階段があったので登ってみると、個室のようなスペースが。住居として使っていたわけではないのかもしれませんが、それぞれの洞窟がそれぞれ違う形状で、全体的に丸みを帯びていて不思議な気分になります。

ツアーに参加されていたプロブロガーめ~んずスタジオのアスカさんにポーズを取っていただきました!この階段も遠近感がおかしくなるような立体的な構造でした。

§

なんでしょう、古墳のはずなのになぜか宇宙を感じる不思議。確かに珍スポットです。
こちらも一見の価値あり。ぜひ、ご自分の目でお確かめください。

関連リンク

関連する記事

ふなっしープロデュース「フナクマ」とは? 北海道発スイーツ 東武船橋店で限定発売!

北海道津別町発の“謎のスイーツ”「クマヤキ」を、ふなっしープロデュース!


   ちばとぴ!編集部チャンネル

はい、未来きました。 千葉市で「無人バス」試験運行 将来は公道利用も視野に イオンモ…

日本初となる自動運転の無人バス「ロボットシャトル」の試験運行です。


   ちばとぴ!編集部チャンネル

関連するキーワード

富津っ子チャンネル

千葉県富津市の魅力を再発見・WEBで地元のイイトコ教えます!
富津の魅力を市内外に伝えようと、主にWEBを使って情報発信をしているグループです。グルメやイベント情報を中心に地元ならではのマニアックで濃いネタを優先してお届けしています。Facebookページはもうすぐ1000いいねに到達!ホームページ・ブログからTwitter、YouTube、LINE@まで様々なツールにチャレンジしていきます!

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017秋季

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!