千葉ロッテマリーンズは千葉県内10市と新たに「スポーツを通じた地域振興・地域貢献に関するフレンドシップシティ・プログラム協定」を締結し、本協定の象徴としてZOZOマリンスタジアムで開催されるマリーンズ主催試合のCHIBAユニホーム着用日にてユニホームの右袖に対象市名入りのロゴを掲出することになった。

 本拠地のある千葉市、秋季キャンプ地である鴨川市に加え、県内二軍試合を開催する8市(市原市、浦安市、柏市、袖ケ浦市、習志野市、成田市、船橋市、茂原市)の合計10市を対象とし、青少年の健全な育成、市民の健康増進・豊かな社会生活を実現することを目的に今後、各市と連携し様々な活動に取り組む。

 対象市名入りロゴ掲出試合は次の通り。4月15日、16日千葉市 。5月7日鴨川市 。5月20日船橋市。6月8日習志野市。7月1日、2日浦安市。8月1日柏市。8月8日袖ケ浦市。8月22日千葉市。9月3日成田市。9月9日市原市。9月28日茂原市。以上の計13試合。いずれもCHIBAユニホームを着用して試合を行い、右袖に対象市名入りのロゴを提出する。

 山室晋也球団社長は「本拠地ZOZOマリンスタジアムのある千葉市、秋季キャンプ地である鴨川市、県内でのイースタン・リーグ試合開催において連携している8市(市原市、浦安市、柏市、袖ケ浦市、習志野市、成田市、船橋市、茂原市)の合計10市とフレンドシップシティ協定を結べることを大変うれしく思います。千葉県を代表するプロスポーツチームとして、これまで以上に地域を盛り上げ、多くの皆様にマリーンズを応援いただけるよう、全力で取り組んでまいります」とコメントした。

 1月25日14:00からはZOZOマリンスタジアムにて福浦和也内野手、唐川侑己投手、鈴木大地内野手の3人をモデルに市名入りのロゴが右袖に入った新CHIBAユニホームのお披露会に参加をした。

新CHIBAユニホームのデザイン

新CHIBAユニホームのデザイン

発表会でモデルを務めた福浦、鈴木、唐川選手

発表会でモデルを務めた福浦、鈴木、唐川選手

関連する記事

「2016キックオフフェスタ」開催! 3千人超のサポーター来場

1月17日、フクダ電子アリーナにて2016キックオフフェスタを開催しました。


   ジェフユナイテッド市原・千葉チャンネル

【千葉魂】 先輩からの無言のエール 大松の夢は終わらない

千葉ロッテマリーンズ広報・梶原紀章の人気コラム「千葉魂」です。


   千葉ロッテマリーンズ チャンネル

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング