旭市では便利なストラップ式のヘルプマークを配布

知的障害や聴覚障害など、外見から分かりにくい手助けの必要のある人たちが、困りごとや支援してもらいたいことを記載して持ち歩く「ヘルプマーク」。千葉県旭市ではこれまでのカード式のものに加え、直接かばんなどに取り付けることの出来るストラップ式の「ヘルプマーク」を旭市役所社会福祉課窓口で配布しています。

かばんに取り付けて利用できる

かばんに取り付けて利用できる

ヘルプマークとは

障害などのある人が困ったときに手助けを求めるためのマークです。
障害などのある人の中には、自分から「困っています」と伝えることが出来ない場合もあります。このヘルプカードを携帯することで、いざというときに必要な支援や配慮を周囲の人にお願いするためのカードです。
義足や人工関節使用者、体内に障害を抱えている人、妊娠初期や認知症の人などの利用も想定しています。ストラップ式なので、かばんなどに直接取り付けることができます。またマーク裏面に付属のシールを貼ることができ、周囲に伝えたい情報や必要とする支援内容などを記入することができます。

市役所の窓口で受け取れます

市役所の窓口で受け取れます

ヘルプマークを見掛けたら支援の手を

日常生活で見掛けたら、電車やバスでは席を譲りましょう。
困っている様子がうかがえたら「何かお手伝いすることはありますか」と声をかけましょう。

パニックや発作などを起こしている人を見掛けたら、短い言葉で優しく声を掛けましょう。「ヘルプマーク」の裏面には、パニックや発作のときにどうして欲しいかなどが書いてあります。周りの人と協力して支援しましょう。

災害のときは、安全に避難できるよう支援しましょう。「ヘルプマーク」の裏面に緊急の連絡先が記載してある場合は連絡しましょう。

いつも携帯することで周囲の人に知らせる

いつも携帯することで周囲の人に知らせる

障害にはさまざまな特性があり、必要な手助けの方法もさまざまです。みんながヘルプマークを知り、配慮することを心掛けるだけでも、社会や環境は変わっていくのではないでしょうか。

関連するキーワード

あったか旭チャンネル



旭市の公式チャンネルです。市内のニュースやイベントなど、旭市ならではの「あったかい」情報を不定期に発信します。旭市のFacebookやInstagramもチェック!

○FB(身近な情報やロケ地情報などを発信)
https://m.facebook.com/city.asahi/

○Instagram
アカウント:@asahi_city
ハッシュタグ:#あったか旭

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018夏季(6〜8月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!