日本寺の茶処「呑海楼」の抹茶ときんつばのセット=鋸南町

GWに突入しましたね。

今年の1月、日本経済新聞 の土曜版「NIKKEIプラス1」の特集『外国人が次に目指す 「ディープジャパン」15選 』で、2位にランクインした千葉県富津市・鋸南町をまたぐ鋸山。

今、世界から注目を集める観光地、鋸山の鋸南町側にある日本寺へ29日、行ってきました!

江戸時代からの建物「呑海楼」

お目当は、境内にある茶処「呑海楼」。

日本寺といえば、磨崖仏として日本最大の大仏が有名ですが、江戸時代からの建物で、庭園から浦賀水道を望むことのできる呑海楼も、密かな名所です。

お茶と和菓子のセットの注文ができます。

「呑海楼」の室内から庭園を望む

一度の注文で2種類のセットが楽しめます。

まず出てきたのは、抹茶ときんつばのセット。抹茶は苦くなく、ほんのり甘みのあるさっぱりとした口あたりです。

きんつばは紫芋で作られ、甘さ控えめ。皮がしっかりとして食べ応えがありました。

その後出された第2弾は、煎茶と梅の水ようかんのセット。日本寺で採れた梅を使っているそうです。

庭園から保田方面を眺めると浦賀水道が見える

日常を都市で暮らす人にとって、呑海楼の趣のある和室は心を落ち着かせ、懐かしさを感じさせる空間かもしれません。

「ディープジャパン」だけあって、境内では外国人観光客の姿をちらほらと目にしました。

「最近は、ヨーロッパからのお客さんが増えていますよ」と呑海楼の人が教えてくれました。

呑海楼は茶室ですが、作法は気にせずカジュアルに利用できます。庭で保田の海を眺めながら静かな時間を過ごすのもオススメです。

【呑海楼】
お茶と和菓子のセットは700円。土・日・祝日のみ営業で通常は非公開。午前10時から午後4時

【日本寺】
拝観料は大人600円、小人400円。拝観時間は午前8時から午後5時。

日本寺公式ホームページ
http://www.nihonji.jp/index.html

関連するキーワード

海いこ山いこチャンネル

房総の自然や文化を楽しもうよ!!
「海いこ山いこ」チャンネルでは、房総の自然や文化遺産などをめぐります。
子どもと一緒に行く事を考え、優しいハイキングコースの紹介もしてゆきます。
短時間・単独でのプチトリップも楽しいですよ。
女子同士、夫婦やママ友とゆる〜い旅もどうぞ♪

ランキング

人気のある記事ランキング

7

美しい風景写真とレトロな倉庫のコラボレーション?!

いちはらアート×ミックス2017 チャンネル