東京パラリンピックまであと1000日

2020年の東京パラリンピックの開幕まであと1000日となった11月29日、旭市総合体育館で「パラスポーツフォーラムin CHIBA 2017」が千葉県と旭市教育委員会の主催で開かれました。
イベントには市内の中学生や近隣の特別支援学校の生徒ら約600人が参加し、パラリンピックについての体験授業やパラスポーツ体験などが行われ、パラスポーツに対する理解を深めました。

東京パラリンピックまであと1000日

東京パラリンピックまであと1000日

体験授業は女子ゴールボール日本代表の高田朋枝選手が講師に

体験授業の「あすチャレ!スクール」では、北京パラリンピック女子ゴールボール日本代表で東京パラリンピックの出場を目指す高田朋枝選手が講師を務め、自身の子どもの頃の体験や、チャレンジすることの大切さなどを話しました。
ゴールボールは目隠しをしたまま鈴の入ったボールを投げ合い、相手のゴールに入れて得点を競い合うもので、視覚に障がいのある方のために考案された競技で、さまざまな工夫がされています。

自らの体験談などを語る高田選手

自らの体験談などを語る高田選手

6種類のパラスポーツを体験

参加者は高田選手が協議説明をしたゴールボールを始め、シッティングバレーボール、テコンドー、ブラインドサッカー、ボッチャ、車いすバスケの6競技を体験しました。
ゴールボールを体験した中学生からは「目隠しして見えないことが怖かったが、みんなの声援などが聞こえてきて楽しかった」などの感想が聞かれました。

目隠ししたままゴールを守る

目隠ししたままゴールを守る

高田選手の模範プレー

高田選手の模範プレー

シッティングバレーボールの体験

シッティングバレーボールの体験

あったか旭チャンネル



旭市の公式チャンネルです。市内のニュースやイベントなど、旭市ならではの「あったかい」情報を不定期に発信します。旭市のFacebookやInstagramもチェック!

○FB(身近な情報やロケ地情報などを発信)
https://m.facebook.com/city.asahi/

○Instagram
アカウント:@asahi_city
ハッシュタグ:#あったか旭

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017ー18冬季(12〜2月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!