作品を制作する岡田杏里さん

作品を制作する岡田杏里さん

里山を舞台に千葉県市原市で開催されるアートイベント「アートいちはら2018春」が5月3日から6日までの4日間開催されます。

作品展示や連携する13会場のひとつで、旧月出小学校をリノベーションした「月出工舎」では、国際交流展「コンニチハ メキシコ×月出」と題して、メキシコにゆかりのある作家4人の作品展示が行われます。

月出工舎の校庭で作業する来田広大さん

月出工舎の校庭で作業する来田広大さん

その中で、昨年の「いちはらアート×ミックス2017」にも参加した岡田杏里さんと今回、初参加の来田広大さんが、現在、月出に滞在しながら、鋭意作品制作中です。

来田さんの作品は校庭全体を使ったダイナミックな作品です。完成が楽しみですね。

また、今回、唯一の外国人作家のヘラルド・バルガスさんが、メキシコから月出にやってきます!

そして、市原でメキシコと言えば、あの銅版画の巨匠、市原市名誉市民の深沢幸雄さんの作品もオマージュとして展示されます。

この春、月出は見応えのある展示会場となっていますよ。じっくり堪能してみてはいかがでしょうか。

会 期:5月3日(木)〜5月6日(日)10:00〜17:00
会 場:月出工舎(旧月出小学校)市原市月出1045
鑑賞料:パスポート300円(他の有料3会場も鑑賞できます)

関連するキーワード

いちはらアート×ミックス2017 チャンネル

来春、4月8日から5月14日の37日間、市原市南部の里山を舞台に開催する芸術祭「いちはらアート×ミックス2017」の関連情報をお届けします!

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018夏季(6〜8月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!