1部からの降格チーム、コノミヤ、湯郷ベルを相次いで撃破し、開幕2連勝を飾ったオルカの第3節は、アウェイ・津山にてFC吉備国際大学Charmeと対戦した。

今季初ゴールのNo.23FW 平野里菜選手の先制ヘッド

今季初ゴールのNo.23FW 平野里菜選手の先制ヘッド

試合は前半10分、オルカ鴨川FCの左サイドで得たCKを今季初スタメンのNo.17 FW 浦島里紗選手が蹴り、タイミング良くNo.23 FW 平野里菜選手が走り込みヘッドで合わせて鮮やかな先制点を奪う。

先制点に喜ぶオルカ鴨川FC選手

先制点に喜ぶオルカ鴨川FC選手

FC吉備国際大学Charmeもテンポの速い攻めを何度も繰り返し、あわやという
シーンもあったが、前半23分、No18MF西尾麻奈美選手のパスを中央で受けたNo.23FW平野里菜選手がそのまま突破し、ゴール右隅へ冷静にシュートし追加点をあげ前半を折り返す。

ゴール右隅に冷静に決め2点目をあげたNo.23FW平野里菜選手

ゴール右隅に冷静に決め2点目をあげたNo.23FW平野里菜選手

後半、FC吉備国際大学Charmeが攻撃の圧力を強め前線のスピードのあるNo.11池尻選手に加え、左サイドをNo.26MF関口真由選手がかけ上がるシーンが増え、左サイドからチャンスを作られ、何度もFC吉備国際大学Charmeに左サイドでCKを与えるも、長身のNo.16GK河邊花観選手の安定したセービングもあり、得点を許さない。

オルカ鴨川FCは65分、No.17浦島里紗選手に代えNo.14FW村岡真実選手を投入。

フィジカルの強い村岡真実選手のプレッシャーにより、何度も決定機を演出したが、ゴールは生まれなかった。

74分にはNo.23平野里菜選手に代えNo.11MF永木真理子選手、80分にはNo.30DF中村真実選手に代えNo.7DF石井友莉奈選手を相次いで投入。

終盤、FC吉備国際大学Charmがなんとかゴールを奪おうと猛攻を仕掛けるも、オルカ鴨川FCのディフェンス陣が踏ん張り、試合はそのまま2-0で終了し、オルカが開幕3連勝を飾った。

第3節を終えた時点でF日体大とオルカが3連勝の勝ち点9となっており、得失点差で1位日体大FIELDS横浜、2位オルカ鴨川FCの順位となっている。

来週はアウェイゲームでオルカ鴨川FCは日体大FIELDS横浜と対戦する。

今季2部最強とも言われる大型補強を行った日体大FIELDS横浜を相手にどこまで戦うことができるか、リーグ序盤戦の天王山がやってくる。

次節(第4節)
4月16日(日) 13:00キックオフ
日産フィールド小机(神奈川県)
日体大FIELDS横浜 vs オルカ鴨川FC

関連する記事

カモ旅チャンネル

鴨川市観光プラットフォーム推進協議会オフィシャルアカウントです。

ランキング

人気のある記事ランキング