2017ポートクイーン千葉の(左から)松浦里奈さん、高橋里奈さん、城之内緋依呂さん、東雲晴香さん、山口真優さん

国内屈指の国際貿易港・千葉港の魅力を千葉県内外に発信する親善大使「2017ポートクイーン千葉」の5人は、7月14日をもって1年間の任期を終了しました。

千葉港のPRに携わったことや、新たに選ばれ、任務をバトンタッチする「2018ポートクイーン千葉」の5人への思いなど、コメントを紹介します。

松浦里奈

早いもので、ポートクイーンの任期を終えました。
あっという間の1年でしたが、参加させていただいたイベントは全て鮮明に覚えています。
たくさん千葉港のPRもさせていただきました。
貴重な経験をたくさんさせていただき、本当に幸せでした。
私に関わってくださった方々には感謝のきもちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

山口真優

7月14日をもちまして、2017ポートクイーン千葉の任期満了いたしました。
最後の活動は2018ポートクイーン千葉オーディションのお手伝いでした。
1年前、ものすごく緊張しながらオーディションに臨んだのがとても懐かしいと思ったのと同時に、この1年間本当に貴重な経験をさせて頂き、自分自身さらに成長出来たような気がします。
多くの方に感謝申し上げます。ありがとうございました。

城之内緋依呂

ポートクイーンとしての1年間に終止符を打ち、 さみしい気持ちです。
この1年間千葉港の近くに住む方や、船の会社の方など、たくさんの人にお会いさせていただき、濃い一年になりました。
1年前よりも千葉が好きになりました。
もっともっと千葉港が皆さんに愛されることを願っております。
1年間ありがとうございました。

東雲晴香

候補者の皆さんからは強い千葉”愛”を感じ、その愛を発信したいという意志の強さも見られました。
1年前の自分たちの姿と重なって、こちらもドキドキして見ていました。
1年間多くの貴重な経験をされることと思います。千葉の港の重要性や輝く魅力発信のため、千葉港の”顔”として、素敵な笑顔で頑張ってもらえればと思います。応援しています。
私たちもポートクイーンとしての日々を大切に、これからも千葉港を愛します。

高橋里奈

ポートクイーン2018のオーディションで、私たち2017の代とはまた違った個性の光る5名が選ばれました。
エントリーした皆様全員が一生懸命に自らの思いをPRしていましたが、この5名はその中でも特にPRが上手で、今後の活躍に期待したいと思います。
1年間大変貴重な経験をすることができ、1年前に意を決してオーディションを受けて良かったなと思った1日でした。もう私たちはポートクイーンとしての活動がないということを実感し、寂しくもなりましたが、最後まで楽しい日でした。
本当にありがとうございました。

関連するキーワード

ポートクイーン千葉チャンネル

ポートクイーン千葉は、千葉港の”親善大使”として各種の公的行事に参加し、千葉港そして千葉県のイメージアップを図っています。

ランキング

人気のある記事ランキング