千葉ロッテマリーンズは7月22日のオリックス戦を終えて、46試合目での観客動員100万人突破となった。07年の46試合目での突破と並んで球団史上最速タイの記録となる。

 なお、過去8年の100万人突破は次の通り。10年47試合目、11年54試合目、12年58試合目、13年57試合目、14年59試合目、15年56試合目、16年47試合目、17年51試合目。

 観客動員が絶好調の理由について山室晋也球団社長は「今年は例年以上のファンの皆様の熱気を感じています。ファンの皆様の後押しを選手たちも強く感じ、頑張ることが出来ています。これからはリーグ優勝を目指し、さらなる盛り上がりをファンの皆様にご提供し、さらに多くの方に足を運んで応援していただけるように日々、努力をしてまいりますので応援の程、どうぞ宜しくお願いします」とコメントした。

 1974年以来のリーグ1位でのリーグ優勝も射程圏に捉えており、ファンの熱気も増す一方だ。

今年もロッテは熱い!盛り上がる観客席

今年もロッテは熱い!盛り上がる観客席

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング