11月21日(土)より、いちはらアート×ミックス2014に参加したアーティストが中心となり、南市原の廃校や空家を舞台に、現代アート作品の展示やワークショップなどを行います。
会場を巡る便利な無料周遊バスも運行し、スタンプラリーや地元の旬の食材を使った食事も味わえます。関東一遅いと言われる養老渓谷の紅葉とあわせて、アートで非日常を体感しよう!

【開催日時】
11月21日(土)、22日(日)、23日(祝)、28日(土)、29日(日) 9:30-16:00  計5日間
※アートハウスあそうばらの谷は、11月21日(土)~29日(日)及び12月5日(土)、6日(日) 9:30-16:00 計11日間

IAAES[旧里見小学校](市原市徳氏541−1)

小学校周辺の地元住民から鉄の廃材を集め、叩いてつぶしたものをパズルのように組合せて架空の生き物をつくるワークショップ「イチハラザウルスをつくろう!」など、大人から子どもまで参加できる多彩なイベントや、作品展示・公開制作を行います。
ランチ情報:地元の里山活動団体が「里山食堂」を運営し、地元食材を使ったカレー等を販売

アートハウスあそうばらの谷(市原市朝生原1083-1)

「佐藤香展」
市内で集めた土を素材とした、土絵の作品を古民家空間に展開する「佐藤香展」を開催します。写真は過去参考作品。
ランチ情報:JA市原市女性部がカフェ「おもいでの家」を営業し、地元の旬の食材を使ったメニューを提供します。

月出工舎[旧月出小学校](市原市月出1045)

「つながること ~みんなでつくるがっこう~」
第一線で活躍されている方をお呼びし、これからの月出を考えるきっかけとなる日替わりカフェトークを開催します。従来の講演やセミナーとは違い、様々な価値を触発し合い、新しい出会いやつながりを生み出します。全日13:00-16:00に開催。
21日[土] NPO法人尾道空き家再生プロジェクト「新田悟朗」
22日[日] 老舗油屋山本佐太郎商店「山本慎一郎」
23日[祝] 貸民家・どぶろく特区 みらい「若井明夫」
28日[土] 小湊鐵道株式会社「石川晋平」
29日[日] 谷根千こどもアトリエ「山成美穂」

関連するキーワード

いちはらアート×ミックス2017 チャンネル

来春、4月8日から5月14日の37日間、市原市南部の里山を舞台に開催する芸術祭「いちはらアート×ミックス2017」の関連情報をお届けします!

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018夏季(6〜8月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!