廃船

千葉県いすみ市にある出雲大社上総教会や国吉神社の境内に、武蔵野美術大学(東京都)の学生の作品を展示するアートイベント「祠と精霊」展が、10月25日から11月5日まで開催されました。

海の使者ーリュウグウノツカイ

展示された約20点の作品は、精霊や八百万の神が意識され、美大生たちの感性を通し、いすみ市の自然や産業である漁業など、町の魅力を感じられる表現がされていました。

尊敬する立派な貴女へ

白い布や透明な樹脂などの素材を使った作品が多く、展示全体が自然のなかに溶け込むようで、“気付いたらそこに作品があった”という印象を持ちました。

写真でいくつか作品を紹介します。

innocence

MINO

光の胎動

十九歳

存在を感じる

秘密の宝物

関連する記事

アイボ71台、集団葬 “愛犬”しのび供養 いすみ・光福寺

廃棄処分するには忍びないと、全国のオーナーから寄せられた71台のアイボが供養されました。


   ちばとぴ!編集部チャンネル

終点の外川駅は「ありがとう」駅に! 銚子電鉄、9駅の愛称命名権が完売

銚子電鉄が新たな増収策として始めた駅名愛称ネーミングライツ販売で、残っていた外川駅の愛称が「ありがとう」に決…


   ちばとぴ!編集部チャンネル

関連するキーワード

海いこ山いこチャンネル

房総の自然や文化を楽しもうよ!!
「海いこ山いこ」チャンネルでは、房総の自然や文化遺産などをめぐります。
子どもと一緒に行く事を考え、優しいハイキングコースの紹介もしてゆきます。
短時間・単独でのプチトリップも楽しいですよ。
女子同士、夫婦やママ友とゆる〜い旅もどうぞ♪

ランキング

人気のある記事ランキング

【カメラ部】投稿写真ギャラリー 2017ー18冬季(12〜2月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!