千葉ロッテマリーンズは、千葉海上保安部の2018年ポスターに井口資仁監督が起用されたことを発表した。海上保安庁は、海難事故、密漁や密航・密輸などの事件情報の通報先として、00年5月1日から、海上保安庁緊急通報用電話番号として「118番」の運用を開始。また、10年12月には、毎年1月18日を「118番の日」と制定し、周知活動を強化している。「118番」の重要性をより多くの方々に理解してもらい、海の安全・安心を確保するため、ポスターを制作しての啓蒙活動を行っている。

 ポスターに起用された件に関して井口監督は「海は大好きですので、光栄です。自分はオフに海釣りをしたりしていますし、昨年のオフは小型の船舶免許、そして今年のオフには小型特殊船舶免許を所得したほど好きです。千葉は海に囲まれていますので、ちょっと時間が出来るとドライブで千葉の海を見に行ったりもしますし、とても身近な存在です。そんな自分の大好きな千葉の海の安全、安心の確保は私にとっても強く伝えていきたいメッセージです。これからは千葉ロッテマリーンズが勝つことで、愛する海へのメッセージを伝え続けていければと考えています」とコメントした。

 ポスターは県内の公共施設などに年明けより順次、約2000枚提出されている。

井口監督を起用した千葉海上保安部のポスター

井口監督を起用した千葉海上保安部のポスター

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング

【フォト部】投稿写真ギャラリー 2018夏季(6〜8月)

毎月1名様限定、投稿写真をTシャツに特別加工してプレゼント!