写真を撮っております。津乗健太です。
私の写真展「船橋日記〜いつも通っている道〜」のDMハガキができました!
写真展を開催するにあたって、DMハガキを作るのが
すごく重要なのです。
これまでの写真展に、来ていただいて
芳名帳に、お名前と住所を書いてくださったお客様に
お知らせしないといけないのです。
難しいのが、写真選びです。
1枚の写真で、この写真展の内容が伝わるような写真を
選ばなければいけません。
今回、猫の写真展ではないので
猫の写真は、使わないでおこうと思っていたのですが・・・
この写真にしました!

思いっきり猫の写真なのですが、撮れて画像を確認した瞬間
これだ!これしかない!
と思ってしまいました。
私、寝ている猫の写真も、たくさん撮っていますが
この写真は、何かが違う。
悟りを開いた、寝顔のような気がしたのです。
「何も考えなくていいんです。寝てればいいんです。」
とでも、言っているかのように見えるのです。


日常、カメラを持ち歩いて撮る写真というもの
自分が見ているもの、気になった瞬間にシャッターを
切るのですが、僕は
生き物、小さな生き物、草や木や花、空や川や海。
が気になるみたいなのです。
簡単に言いますと、日常の中の自然です。
今までも、こういう写真でまとめたかったのですが
うまく、まとめられずに猫の写真で、まとめていたのですけど
今回の写真展は猫に限らず、日常を共に暮らしている自然の写真で
まとめてみようかと思っているのです。

たくさんの生き物がおりますが、猫という生き物は
自然にも、都会の人間の暮らしにも、どこにでも何にでも
馴染んでいて、まさに今回の写真展で僕が表現したいこと
なのだと思ったのでした。

入院中に読んだ手塚治虫さんの「ブッダ」がすごくしっくりきたのです。
「けだものや、むしけらたちと心を通わせるのです。みんな深い繋がりを持って平等に生きているのです。」

振り返って見てみると、ちばとぴ!ニュースで使っている写真も
そういう写真が多いと思います。
人間の暮らしというものも、そういうところから考えていけば
大きく間違えた方向には、行かないような気がするのです。


裏面に、日程や時間や場所などの詳細と
今回、猫だけの写真展ではないということで
「⚠︎なんでもない日常の写真です。」
という注意書きを、書いておきました〜

津乗健太写真展「船橋日記〜いつも通っている道〜」
2019年5月28日(火)〜6月2日(日)
10:00〜19:00
●入場無料
会場:船橋市民ギャラリー 第1展示室





津乗健太

関連するキーワード

写真家・津乗健太の船橋日記チャンネル

写真撮ってます。津乗健太です。日常、目にするなんでもない風景や出来事というものを写真にするのは、とても難しいことなんですが、写真を撮ろうと思ってカメラを持って日常を暮らすと、なんでもない日常が少し楽しいです。そうして撮った写真で千葉のことが発信できればと思ってます。写真見てください。

ランキング

人気のある記事ランキング