市民が柏の聖地巡礼化を目的に制作している柏のご当地ゆるアニメ「超普通都市カシワ伝説」。
柏市ふるさと納税の返礼品として、アニメグッズの追加が決まった。

超普通都市カシワ伝説は、2015年10月に制作を開始したご当地アニメ。
YouTubeでの放送から、現在は柏市内や千葉県内のいくつかの市のデジタルサイネージで放送をしている。
2019年7月から第2期「超普通都市カシワ伝説Z」がYouTubeで放送、2020年にローカルテレビ局でのテレビアニメ放送が決まっている今話題のアニメだ。

柏のものづくり工房で誕生したアニメグッズ

柏市ふるさと納税返礼品に追加されたアニメグッズ

柏市ふるさと納税返礼品に追加されたアニメグッズ

今回新しく柏市のふるさと納税の返礼品に追加されたのが、柏のご当地ゆるアニメ「超普通都市カシワ伝説」のアクリルフィギュア(2個セット)。

超普通都市カシワ伝説に登場するメインキャラクター勢揃いのタイプと不思議ないきもの「テガちゃん」のタイプの2種がセットになっている。

昨年11月に「声優体験」「オリジナルアニメ制作」「アニメクレジット」という体験型の返礼品に続き、グッズが新しく追加された。

ものづくり&Fabスペース「monomos」

ものづくり&Fabスペース「monomos」

今回、アクリルフィギュアは、柏市にあるものづくり&Fabスペース「monomos」が制作している。
monomosは、「ものづくりをもっと身近に」をコンセプトにしたものづくり体験ができるFabスペースだ。
使用できる機材は、3DプリンターやUVプリンター、レーザーカッターなどさまざま。
機材を使って、あなたオリジナルのグッズを制作することができる。
もちろん製品化前のサンプル作りや設計案件も可能で、グッズ制作依頼も行うことも可能。

今回、柏の市民公益活動団体「できる街プロジェクト」から依頼を受け、アクリルフィギュアを制作。
他にも「オリジナルシール」の制作もしており、今後のオリジナルグッズにも注目だ。

柏の地域活性化を目指して

2020年テレビアニメ化決定

2020年テレビアニメ化決定

今回、新しくふるさと納税に追加された柏のご当地アニメグッズ。
アニメのプロデューサーをしている楠本慶彦さんに話を聞いてみた。

アニメ制作を始めて3年半。
仕事の傍らの趣味で始めた活動だが、ありがたいことに様々な反応をいただいて、大きな話も増えてきている。
協力してくれている仲間や声援や声を掛けてくれる周りへの感謝しかない。

7月からは新シリーズの放送開始やクラウドファンディング、声優オーディションや全国ふるさと甲子園と夏はイベントで盛りだくさん。
自分たちにできる範囲で、無理をしすぎず、楽しみながら、それが結果的に聖地巡礼化・柏の地域活性化につなげていきたい。
柏を盛り上げ、少しでも周りに恩返し出来たらと話していた。

問合せ

電話番号:090-5476-4356
メール:project@dekimachi.com
担当:できる街プロジェクト プロデューサー 楠本 慶彦(くすもと よしひこ)

関連する記事

日本の棚田百選☆鴨川市大山千枚田「棚田のあかり」2017年1月4まで!

日本の棚田百選に選定されている鴨川市の大山千枚田で、2016年10月24日から2017年1月4日まで、10,…


   カモ旅チャンネル

音楽を通して銚子を元気にしたいから、私はこれからも人の魅力を引き出すMCを続けます。

都内で得たMCとしての経験を活かして、「銚子を音楽で元気にしたい!」と話してくれたことが印象的でした。


   東総・北総出会い旅チャンネル

関連するキーワード

柏のテガちゃんネル

柏のテガちゃんネルでは、柏の市民団体「できる街プロジェクト」や柏の情報を発信するチャンネルです。

できる街プロジェクトは、「他人と協力した自己実現」を目的とした第3の場所(サードプレイス)の企画団体。

コンセプトは「人が増えれば、出来ることも増える」という単純なものの仕組化。企画ごとに団体を分けており、好きな時に自由に行き来ができる仕組みになっています。

現在は、柏市を中心に「ご当地アニメ」「調査活動」「美化団体」「演劇」「地域活性化を目的とした婚活イベント」「引きこもり支援活動」「謎解きイベント」の企画や運営・協力をしています。

ランキング

人気のある記事ランキング

7

2015千葉ロッテマリーンズJr 選手名鑑

千葉ロッテマリーンズ チャンネル