地域のニーズに寄り添い、課題を解決しようとそれぞれの分野で活動を続けてきたNPOは、地域での役割が大きくなる一方、人材や資金の確保などが課題にもなっています。

NPO法が制定されてから20年経ち、これからも社会の変化、地域のニーズに沿った活動をつくり、広げていけるか、各方面の松戸市と柏市の5団体の活動報告をもとに考える学習会が開かれます。

この学習会の主催となる「ちばNPO協議会」では、千葉県内のNPOの組織運営力・事業力をお互いに高めるため、学習会・セミナー等を開催し、NPO間の交流を深め、ネットワークを広げています。
(会員数35団体、2018年5月現在)

活動報告を行う団体のひとつ、松戸市の認定NPO法人たすけあいの会ふれあいネットまつどは、介護保険や障がい者支援の制度サービスのほか移動サービス、生活援助サービス、施設ボランティアや東日本大震災被災者支援活動など幅広い活動を行っています。

学習会の会場となるせっけん工場を運営している柏市のNPO法人せっけんの街は、手賀沼、印旛沼の水質浄化のため、廃食油を回収してせっけんを製造、販売し、リサイクルせっけんを通した環境学習を学校、企業に提供する活動も行っています。
せっけん工場では、設備も見学でき、日々使うせっけんから手賀沼、印旛沼の水質へと私たちの想像力を広げてくれる機会ともなりそうです。

このほか、松戸市のNPO法人対話の会は、少年犯罪の被害者と加害少年など対立的問題を抱える当事者、家族、地域の人が、修復的司法の理念に基づき、被害回復と立直りをめざして話し合う「対話の会」を続けている活動報告をします。

また、小規模多機能型居宅介護サービス、認知症の知識の普及、介護相談を行う柏市のNPO法人笑実里のほか、助成基金の運営や野田市で食農・福祉支援事業、柏の葉キャンパス周辺での街のイベントコーディネーション事業を行う柏市のNPO法人NPO支援センターちばの活動報告があります。

NPO支援センターちばの活動柏の葉キャンパス「まちのクラブ活動」

NPO支援センターちばの活動柏の葉キャンパス「まちのクラブ活動」

各分野で地域に寄り添いながら、継続的に活動を続けている団体の生の声を聞いて、これからの地域のニーズや課題、どういった活動をどのような形ですすめていけるのかを考えてみる手がかりを、学習会では得られるのではないでしょうか。

学習会概要

「となりのNPO 社会的役割を再確認&次のステップを見つけよう!」

●日時:2019年2月28日(木)14:30~17:00

●会 場:NPO法人せっけんの街本部・手賀沼せっけん工場
(住所:柏市小青田29-2、TEL 04-7134-0463)

【最寄り駅】
つくばエクスプレス「柏たなか駅」徒歩15分
【JR柏駅よりバスの場合】
東武バス5番乗り場より、
「市立柏高校行き」は「小青田(こうだ)」にて下車
「柏たなか駅行き」は「柏たなか駅」にて下車

●定 員:20名(申込先着順)
●参加費:無料 

●活動報告団体:
NPO法人たすけあいの会ふれあいネットまつど(松戸市)
NPO法人対話の会(松戸市)
NPO法人笑実里(柏市)
NPO法人NPO支援センターちば(柏市)
NPO法人せっけんの街(柏市)

主催:ちばNPO協議会
<< 申込み・問い合わせ先>>
(ちばNPO協議会事務局)
NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ(NPOクラブ)    TEL 043-303-1688 FAX 043-303-1689
E-mail npo-club@par.odn.ne.jp

関連するキーワード

CHIBAKARA~ちばからチャンネル

千葉県内のNPO法人、公益団体の情報チャンネルです。千葉の良さや課題を一緒に考えていきたい!そんな思いで千葉で地域のために頑張っている人たち、団体の活動を紹介します。

ランキング

人気のある記事ランキング