平成28年熊本地震における被災地への支援の為、千葉ロッテマリーンズは4月19日から21日までの3日間、QVCマリンフィールド場外で熊本地震被災地への義援金募金活動を行い、23日、24日の2日間は場内に募金箱を設置し、合計374万6375円の募金が義援金として集まった。募金の全額と、球団と選手会からの義援金200万円と合わせ574万6375円を熊本県へ寄付する。

 この件をうけて自ら率先して募金活動を行った熊本県出身の伊東勤監督は「このたびはたくさんの方々に募金に協力して頂き、本当にありがとうございました。私も生まれ育った故郷・熊本の方々に少しでもお役に立てればと募金活動をさせていただきました。活動の中で多くの方に『頑張ってください』と励ましの言葉もいただきました。勇気づけられました。本当に感謝をしています。今は一日も早い被災地の復旧、復興を心よりお祈り申し上げております」とコメントを寄せた。

 

涙ながらに募金をよびかけた伊東監督

涙ながらに募金をよびかけた伊東監督

関連するキーワード

千葉ロッテマリーンズ チャンネル

「千葉ロッテマリーンズ」の公式チャンネルです。マリーンズ広報担当が最新情報をお届けします。

ランキング

人気のある記事ランキング